銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013 信越五高原ロングライド

走行スタッフとして参加してきました。3回目の参加です。

今まで妙高高原からも出発していましたが、今年から斑尾高原1ヶ所の出発となり、参加者様全員が勢揃い。イベントらしい雰囲気で盛り上がります。
f0236449_21492153.jpg


天気も写真のように快晴で、最高のサイクリング日和です。
参加者様の一人が戸隠での絶景に滅茶苦茶感動してました。
そうでしょ、そうでしょ。これが The 信州は信越五高原です!

整列している参加者様のなかに小川町にある、のこのこピザジャージを発見!東京や埼玉のサイクリストには有名なお店で、ピザがうまい!ウルトラマンの隠れ家とも言われてます。
f0236449_22150100.jpg

ご主人と奥様と雑談。初参加という事なので、長野の山岳ライドを楽しんで下さい。ピザもまた食べに行きたいですね。

今年のメイン任務は戸隠中社下りの注意喚起です。
そこまで行く時に走るルートにある黒姫~戸隠のTT区間は楽しみの一つ。
タイムの申告はしませんでしたが、速そうな参加者が二人ほど申告したのをみて出発。標的になって?レースごっこを盛り上げるのが目的です。
モロコシ街道の先で相次いで抜かされます。やはり速い。こっちもペースをあげて挑みます。一人はつづら折りの急坂で失速しますが、もう一人はかなり速い。なかなか追い付けず登坂車線のあるところで、やっと捕獲。こちらの存在を意識して相手もペースが落ちない。暫く並走する。あ~しんどい!しかし斜度が緩くなった所で相手は加速せず。脚が終わってたらしい。
ちょっと悪い気もしながら、TTも勝負の世界、グッと加速して突き放します。計測ゴールへは数分後相手も表れ、30分くらいだったらしい。

その後、ほぼ時間通りに中社の仕事場について、お父さん犬と一緒にお仕事。そこで参加者様の落車が無くて良かった。
f0236449_7492985.jpg


台座法師池では持ち場の仕事を終えたスタッフが屯っていて、軽くご挨拶。僕も一休みして最終走者が出たのをみて再出発。
ここからサンクゼールまで、この日一番しんどい展開に。
一緒に走ったスタッフのYさん、Hさんが速い速い。
下りは60km、平地は40km、登坂は20kmのペースです。いい刺激をもらって楽しみました。

サンクゼールを過ぎると、斑尾高原のゴールも間近。
スタッフ一人一人がサポートにつきます。
斑尾に登る最後の坂には、多くの参加者様が最後の力を振り絞って走っているので、少しでも励みになってもらえればと、一人一人に声をかけて登ります。
相棒のお父さん犬も活躍してくれ助かりました。

大会も無事に終了です。
来年は更にいい大会するべく頑張りたいです。
[PR]
by junzi | 2013-09-29 22:01 | レース・イベント | Comments(2)

栂池へサイクリング

白馬でサイクリングしたことは何回かあるんだけど、長野から白馬に自走したことはなく、今回初めて行ってきました。
目的地は栂池の自然公園。
6月に開催されている栂池サイクルレースのゴール地点です。標高は1830mと意外とそんなに高くはないですね。

長野からのルートは19号から白馬からオリンピック道路で往復。
鬼無里から行く人たちが多いみたいだけど、トンネル怖いし、キツそうな登り多そうだしで遠慮しました。

小田切ダムから先は白馬までアップダウンの連続。全体の斜度はさほどでもない所が多いのでスピード走行が楽しめます。

途中の中条村の金多満屋をパシャ。みなさんの期待通りの読み方をします。
f0236449_7113038.jpg


最中が旨い雑貨屋さんですが、僕はあんこが嫌いなので食べられません。

美麻で休憩を入れて、あとは一気に栂池自然公園へ。
標高1800m付近はかなり紅葉が進んでいます。
f0236449_711828.jpg

f0236449_7113911.jpg

しかし寒い~!そそくさと下山。

13時をとっくに過ぎて腹ペコなのですが、お蕎麦屋さんしかない。ラーメンは嫌。カレーが食べたいとお店を探しますがありません。
結局コンビニの菓子パンでランチ。
菓子パンが一番簡単にカロリー取れますからね。
力が回復し、ほどほどのスピードで巡行し長野に帰りました。

距離は150km 獲得標高差は2400mほどでしょうか。トレーニングには調度いい強度ですね。
ルート的に車の交通量は多いけど、道が広いので走りやすいのもいい。
次は鬼無里方面から帰ってみたいですね。
[PR]
by junzi | 2013-09-28 21:23 | トレーニング | Comments(0)

赤城山ヒルクライムTT あらま?!

来週はいよいよ、まえばし赤城山ヒルクライム。
今年3回目開催で、すでに人気は富士山や乗鞍に匹敵する大会です。
毎年出たいと思っているものの去年は骨折、今年は信越5高原ロングライドのイベントスタッフため出られず。
でもこのコースは本当に楽しいので、今年も走りに行ってきました。

まずはスタート地点である合同庁舎近くの駐車場へ。
f0236449_16532924.jpg

サイクリスト専用駐車場なんかあります。もちろん無料。

さて、用意して出発しようとしたら、クリートがはまらない???
シューズの裏を見たら、ガビーン!
f0236449_172985.jpg

クリートを交換しようと外したままだったの忘れてた。
仕方無く、
f0236449_173331.jpg

アシックスのニューヨーク。
これを履いて深谷ハーフマラソン1時間40分の自己ベストを記録した最強ランニングシューズ!ですから自転車も大丈夫ーーーーなわけない!

フラぺより不安定なペダリングしか出来ないため、気分はすっかりTTからサイクリングモード。でも自分が悪いから仕方無いと、気を取り直してスタート。
すぐ近くに最近オープンしたサイクルカフェがあります。
f0236449_1657712.jpg

お店の人が出てきて「上は雨だってよ~!」と爽やかに声をかけてくれました。
「あ、はい。え、えぇ~っ?!」
確かに赤城山は曇よりしているが、今日もサイクリストがどんどん走ってる。本当にサイクリストだらけ。再び気を取り直して、俺もついていく。

大会はローリングスタートで、ここの交差点上50mからが計測開始。
f0236449_1718441.jpg

サイクリングモードなのに、結局、俺もタイマーをセットしちゃいました。悲しきレーサーの性。

今日は交通量が多く渋滞気味なので、すり抜けながら登って行き、名物の鳥居をくぐります。
f0236449_17231997.jpg

スタートから5kmくらいは完全に市街地で斜度も5%くらいなので、ロードレースな雰囲気。市民の声援が多く、山の中だけが多いヒルクライムレースとは一味違うらしいです。

それにしても調子がいい。時折ペダルを踏み外してしまいますが、「強く速く点を踏む」意識でペダリングで、ガンガンとサイクリストたちを追い抜いて行けます。
それでも写真を撮りまくったり、トイレに行ったりと、途中止まってばかりのサイクリングモードは変わらず。
道沿いにはこの様な距離表示があり、タイムの目安になります。
f0236449_17331421.jpg


中間地点を過ぎると雰囲気が段々と怪しくなっていき、ついにはホワイトアウトな霧雨状態に。
斜度感覚が麻痺して、脚に感じるトルクだけでギヤチェンジです。安全のためにライトもオン。
f0236449_1737075.jpg


相変わらず調子がいい、絶好調と言ってもいいくらい。ガスの中から突然現れるサイクリストたちを追い越す時のすれ違いスピードがいつもより速く感じ、しかも身体が自在に動くので、登れば登るほど楽しくなってしまい、後半のつづら折り区間では全開のペダリング!
そしてゴ~ル。
f0236449_1743514.jpg

30人以上は抜いたでしょうか(  ̄▽ ̄)。また登りで「誰にも抜かれない」記録も24ヵ月更新中~!(レース除くw)
そしてタイムを見ると1時間16分30秒。
なんと去年の試走タイムを2分も上回っています。
渋滞の横をチョロチョロ走ったり、信号待ちしたり、写真撮ったりと、しかもランニングシューズでこのタイムって何?
サイコンが途中で止まってたのか?と距離をチェックしたが、間違って無いよう。
もし乗鞍に換算したら1時間13分くらい。
もしロードシューズに、最初から気合い入れて走ってたらタイムは???
う~む、もったいない事をした。

ゴールの観光センターではサイクリストのみ通常の2倍でソフトクリームを盛ってくれるサービスしてますが、びしょびしょになってしまい、今日はパス。
f0236449_17533972.jpg

下りは猛烈に寒かった。

埼玉一有名なサイクリストのキクミミさんも試走に来ていました。試走でもコスプレって(笑)
f0236449_187752.jpg

キクミミさんのタイムは1時間25分。
およそ上位10%に入るタイムです。コスプレしてなかったら俺も負けるかもしれません。
ママチャリに見える自転車ですが、ライトウェイ社のクロスバイクで、性能はエスケープに匹敵するものです。
ちなみに俺からも買えます。お値段はーーーーご相談で(笑)。

そんな天気だったので、今日はこれにて退散して、道の駅赤城の恵で温泉でさっぱり。

ついでにスタート地点近くの某有名自転車屋でパーツを購入。かなり安いので、ガソリン代が出るくらいです。

やっぱり赤城山は最高に楽しいヒルクライムコース。
龍勢の前にまた走りに行って、しっかりタイムトライアルしたいです。
[PR]
by junzi | 2013-09-23 16:44 | トレーニング | Comments(0)

信越6高原ショートライド

乗鞍以降は平地でスピードを楽しんでばかりだったので、久しぶりの山岳サイクリングです。

7時スタート!と考えていたが、眠さに負けてスタート時間は10時になってしまったので、5高原やを最短で走れるルートを選択。ぼくの中では高社山も5高原に入れたいので、斑尾へは高社山経由で行きます。
中野市から高社山山麓の果樹園の中を走る道へ。交通量が少なくきれいな舗装にアップダウンの連続、そして景色の良さでお気に入りの道です。
f0236449_16585482.jpg


千曲川を渡って、飯山市街から斑尾へ。
この道を自転車で走るのは初めて。急で長いイメージだったけど、勾配の変化や景色の良さで、想像以上に楽しいヒルクライムだった。
f0236449_1754020.jpg


タングラム前を下り妙高高原に向かったが、舗装工事をしていて結構長い片側通行のダート。前輪のタイヤがかなりヤバく、今日のサイクリングで交換するつもりだけにヒヤヒヤものの走行でした。
道も全体的に荒れていて、下りがあまり楽しめなかったのが残念。
f0236449_17135520.jpg


関川を渡り黒姫高原へ。すでにコスモスが満開っぽいが、お金を取るので見る事なく、モロコシ街道へ。
やっぱ信濃町のモロコシは日本一美味い!9月いっぱいは食べられるかな?
f0236449_17192524.jpg


ここからは、いよいよクライマックスの戸隠バードライン。
素晴らしい景色に心が癒されると思いきや、ヒルクライムのちアップダウンの構成は一気に脚が削られてしまい、なだかいつも騙された気分になってしまうのだ。
f0236449_17311786.jpg


いいづなリゾートスキー場周辺のアップダウンはまだ何とか脚が回っていたけど、限界に近づいてきた。
ここでも舗装工事でなが~いダート走行を強いられたが、パンクしなくてよかった。
f0236449_17394577.jpg


坂中峠を越えればあとは下るのみ。
途中のアップダウンでついに脚が終わったが、インナーローで何とかクリア。リア27Tに助けられました。
最後は気分良く下って、サイクリング終了。

前輪のタイヤも終了。アルテグラホイールもリムが限界まで削られしまっているので、今日で終了かな?
かなり気に入っていたけど、練習やサイクリング用に次はグレードを落としてRS-21にします。定価1万7000円であのスペックは反則技ですからね。

走行距離129km
AVGSP 23.5km
[PR]
by junzi | 2013-09-18 16:46 | ツーリング | Comments(0)

第28回乗鞍

前夜の激しい風雨は明け方には収まり、開催される事となったが、山頂付近は強い風が残り、大雪渓から上は土砂が流れ出たため自転車の通行が困難な事からコース短縮が発表され、ゴールは位ケ原になった。フルコース比で70%くらいの長さだ。

今年は初めてチャンピオンクラスにエントリーしたが、レース展開は過去最低になってしまった。
失敗の要因は単純で、疲労が抜けなかったから。
先日の高山村ヒルクライムを元に算出した乗鞍のタイムは1時間8~10分。今年の目標をクリアできる手応えだった。
それを確実なモノにするためには更には練習すればいいとばかりに、乗鞍直前の火、水、木と連休だったので3日間とも自転車に乗り、トータルで400km、獲得標高差6500mを走った。
中2日で疲労は抜けるだろうと思っていたが、脚の張りが酷く疲労が抜けない。
前日の土曜日は一か八かで温泉マッサージを試みる。温浴は筋肉を弛めるので特に前日はタブーなのだが、張りを無くす事を最優先にした。

そして当日。
ウォームアップがてらの会場までの移動で張りが抜けてない事に気づく。更に脚が良く回らない。
会場までの移動で周りの人がどんどん追い抜いて行く。もう「ヤバい」の言葉しか出て来ない。
でも実際レースではアドレナリンが出て行けるかもの、淡い期待もあったが。
f0236449_17421522.jpg


レースは定刻より30分遅れてスタート。
さすがチャンピオンクラス、序盤の緩斜面の集団スピードは圧倒。
しかし斜度が増すと途端に遅れだしてしまう。脚にものすごい張りを感じるのだ。
三本滝までのタイムは21分ちょうど。去年より30秒も遅い。
緩斜面から平坦ではそこそこペダリングができるが、カーブ等の急斜面では途端に失速。登りで使ってる筋肉が働いてくれないのがよく分かる。
こんなに苦しいヒルクライムレースは初めてだ。
フィニッシュラインが引かれた位ケ原に飛び込む。
タイムは54分49秒。惨敗。
去年並みのペースなら52~3分、1時間10分の目標タイムなら50分を切らなければならなかった。

ヒルクライムレースは今まで全ての大会で前年を上回る成績を残してきただけに、大きな落胆となってしまった。
f0236449_17425454.jpg


マラソンで言えばハーフの直前にフルマラソンを走ってしまうような明らかなコンディションのミスなのだが、気付くのが遅かったと言うか、まあそれだけ今年は自転車に乗る期間、距離とも少なかった昨年よりさらに少なかったので焦っていたのか、それとも自転車を甘く見ていたかもしれない。

来年もチャンピオンクラスで走れる事はできると思うが、この失敗もひとつの教訓。
今後のために活かさないと。
[PR]
by junzi | 2013-09-01 16:28 | レース・イベント | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧