銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヤビツ、赤城山、秩父。連休3日490km。

9/23(金)
2年ぶりに神奈川のヤビツに。
のんびり気分で走ったが、次来た時の参考にとコンビニからのタイムを見たら35分くらい。
相変わらずたくさんの自転車が走っていたが、白石に比べると本当にらく。
そのあと裏ヤビツから宮ヶ瀬に向かったが、これが大失敗。台風のお土産が半端なく、MTBのフィールドと化しでいた。
170km

9/24(土)
前日のサイクルがイマイチだったので、赤城山周回を走ってきた。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=dd6b95869499262d451f604dce29c2c1
目標は3周回だったが、出発が遅かったのと、一周に2時間半もかかるヘタれ具合を露呈したので2周でやめた。
ルートは道の駅から出発して大胡線を登り、先日のレースコースの観光道路を下るというもの。
また大胡線の交差点から八丁峠をTT区間としてタイム計測。
ちなみにそのTT区間は標高差約1100m平均勾配7.7%距離14.0km。
一回目は前乗り回転型の走り、2回目は後ろ乗りトルク型でダンシングも多様。
結果、わずかに一回目の方がほんの数分速かったが、云々するのようなタイム差ではなかった。むしろ、疲れがあるはずの2回目のタイムは大健闘。
赤城山は大会が終わってもサイクリストで賑やかだった。山岳なのに女性もやたら多い。パワースポットだからだろうか?
90km走って獲得標高差は2700m。

25(日)
秩父方面の白石峠→龍勢HC→定峰峠をまわってきた。
連休最後の日なんで軽く乗るつもりが、うろうろ走ってたら223kmと3日間で一番の距離になってしまった。でも走り応えは昨日の赤城山が一番。
練習は距離や時間じやなくて、やっぱ中身。
来年は赤城山に定期的に行った方がいいな。

あと高価な機材は練習不足を補うものではない事もわかった。ロードバイクはやはりスポーツ。50万円のは10万円のより、一時間でほんの数秒、サポートしてくれるに過ぎない。
[PR]
by junzi | 2011-09-27 03:42 | トレーニング | Comments(0)

BOMA RS-iの紹介

今日もMTBで!
と考えていたけど昨日のライドのダメージが大きく断念。
変わりに昨夜の作業でようやく走れるようになった新しいロードバイク、BOMA RS-iのテストライドに出発。
コースは走り慣れた秋ヶ瀬~物見山。

フレームはT700カーボン。セット重量880g
イタリアブランドのボッテキアMILLEと全く同じ物ですが、BBは安心のJISなので整備性はよく異音とは無縁
最初は軽量アルミバイクを考えていたけど、今中氏のインプレで「剛性があってハイエンドレーシングモデルらしい仕上がり」とあったので、購入を決断。
ちなみにBOMAは三郷市にあるカーボン問屋です。

パーツはTREK1.2で使用していたものをかなり流用してます。
コンポは105、アルテ、デュラのMIX。
サドルはサンマルコのSNK。(今のところ)
ハンドルはDIXNAのJ-FITmore。(これだけは譲れない)
シートポストは無印カーボン。(31.8なのが嫌。シムで27.2にしたい)
ペダルはLOOK keo2MAX。
そして今日のホイールはトレーニング兼エンデューロ用のWH-6700アルテにIRCのチューブレスです。 

その感想ですが、家からでてすぐに感じたの踏み出しの軽さ。
軽く40kmをオーバーし、45kmも簡単に超えた。
これぞ高剛性カーボン!すげー!と感激しなが赤信号で止まったら追い風でした
はい正直言うとよくわかりませんでした
性能ってホイールとタイヤに影響されるところが大きすぎて、フレームなんて俺のレベルじゃ関係ないってとこですかね。
それでもカーボンらしい振動吸収性は感じたし、いま90ケイデンスだと思ってメーターを見ると100以上回っているのにはびっくりしました。
重量も少なくても700gは軽くなっているので、カーボンホイールで重量を測ればちょうど7kgくらいかも。
これで乗鞍1h10m切れなかったら言い訳できません。

カーボンはこれが最初で最後のつもり。
次はまたアルミかな?
ちなみにTREKはフラットバーロードに作り変えます。
[PR]
by junzi | 2011-09-18 22:59 | うんちくマテリアル | Comments(0)

芦ヶ久保トレイルライド

20年前は空前絶後のMTBブームでしたが、10年前に瞬く間に廃れ、自転車の王様ロードが人気復活。それはそれでいいのですが、世界的にはMTBの方が人気があるそうです。
特に29erはかつてのカービングスキーのような新規格を確立して人気集中。XCではこちらがスタンダードになりそうな勢いです。

さて、今日は丸山林道途中から芦ヶ久保に下るトレイルを走りに行ってきました。
素直に大野峠目指しても良かったけど、久しぶりに白石峠も走りたかったので、15kgのMTBでえっちらおっちら35分もかけて上ったが、天文台へも行ってみたくなったのでそのままGO。ここからの眺めはほんと絶景です。
面白そうなトレイルもあったので、次来た時は走ってみたいですね。

そして本日のメーンイベント、大野峠から丸山林道途中で芦ヶ久保に向かうトレイルに入る。
出だしこそ気持ち良く下れたが、芦ヶ久保と秩父に分かれるあたりで様子は一変。40%以上の急斜に木の根や岩の激しい段差、ケモノ道の様に狭く細くなり、オマケに道を完全に塞ぐ倒木が断続的に表れ、押して歩いてばっかり(T . T)
こりゃDHバイクにしっかりとしたスキルを身につけなきゃクリア出来ませんわ。

その後、299から山伏峠を超えて、一般道を走って帰宅。向かい風の時はCRなんてとても無理です。

難易度的には大名栗林道が一番ですね。キツいけど、何とかバイクから降りずにクリア出来るのがいい。
明日はそこに行っちゃおうかな?
でもロードにも乗りたいしなあ。どうしよ。

152km
[PR]
by junzi | 2011-09-17 20:35 | ツーリング | Comments(0)

トトロの森に行く

今では「トトロの森」として有名な狭山丘稜をMTBで久しぶりに走ってきた。
数年前までは一部のマウンテンバイカーしか走っていなかったダートが、今ではシクロクロス、トレラン、ハイカーがうじゃうじゃ。見通しの悪いコーナーは細心の注意と原則が必要。
それでもクロカンの醍醐味を手軽ながらも味わえるコースは健在で、存分に楽しむ事が出来た。

山道の後は南下してこれも数年ぶりの多摩サイへ。
近年の悪評通りで、もはや歩道でした。
実際に走っているロードはちょっと痛いロード乗りばかり。クロスやMTBでたらたら走るにはまあまあですが。。。

乗鞍が終わり、ロードに対するモチベーションがちょっと低下気味。今月はまだ通勤で30kmほど走っただけで、あとはずっとMTBで300km乗っている。いつもの月の逆です。


しまなみ海道をサイクリングしたいだけでロードを買ったのが、いつの間にかスピードだけを追い続けるようになってしまっていた。
結果、ヒルクライムやエンデューロのレースで予想よりいい成績を上げる事が出来たけれど、少しスピードを追い求める事に疲れもでできた。でもMTBでは純粋にライディングが楽しめるのがいい。

スキーもレースばかりでは息が詰まりそうになるので、パウダーランやイントラ、ボードを楽しんでるが、自転車もそれと同じスタンスの方が末永く楽しめそう。
レースは続けて行かないと、そのスポーツの本質を見失うと思うので今では「トトロの森」として有名な狭山丘稜をMTBで久しぶりに走ってきた。
数年前までは一部のマウンテンバイカーしか走っていなかったダートが、今ではシクロクロス、トレラン、ハイカーがうじゃうじゃ。見通しの悪いコーナーは細心の注意と原則が必要。
それでもクロカンの醍醐味を手軽ながらも味わえるコースは健在で、存分に楽しむ事が出来た。

山道の後は南下してこれも数年ぶりの多摩サイへ。
近年の悪評通りで、もはや歩道でした。
実際に走っているロードはちょっと痛いロード乗りばかり。クロスやMTBでたらたら走るにはまあまあですが。。。

乗鞍が終わり、ロードに対するモチベーションがちょっと低下気味。今月はまだ通勤で30kmほど走っただけで、あとはずっとMTBで300km乗っている。いつもの月の逆です。


しまなみ海道をサイクリングしたいだけでロードを買ったのが、いつの間にかスピードだけを追い続けるようになってしまっていた。
結果、ロード初心者が入門アルミバイクで、ヒルクライムやエンデューロのレースで予想よりいい成績を上げる事が出来たけれど、少しスピードを追い求める事に疲れもでできた。でもMTBでは純粋にライディングが楽しめるのがいい。
スキーもレースばかりでは息が詰まりそうになるので、パウダーランやイントラ、ボードを楽しんでるが、自転車もそれと同じスタンスの方が末永く楽しめそう。
レースを止めてしまうと、そのスポーツの本質を見失いかねないので続けますが、しばらくはMTBで遊びたいなあ。
[PR]
by junzi | 2011-09-12 07:05 | ツーリング | Comments(0)

TREK1.2の重量

2008年モデルのTREK1.2に乗っているが、先日重さを測ったらペダル、サイコン、ボトルゲージなどの走行可能装備で8.1kgだった。ペダルなどの付属品を取れば7.7kg程だと思われる。

そこのあなた、びっくりした?

別に軽量パーツなどは使ってません。
何にせよ、TREK1.2は1.1が出るまでは最廉価モデル。
6061ダブルバテッドアルミのフレームにアルミ&カーボンのフロントフォークだ。
当時の完成車の基本コンポは2300の8sにアレックスの32本スポークの重いホイール。

それを105のコンポにRS80のホイール、サドル、ハンドル、ステムは身体に合ったものに変更。ホイール以外は全てアルミ素材です。

これだけで廉価アルミフレームと言えど8kg切ります。もっとも掛かった費用は完成車とパーツを含めてトータル20万円程。
今なら素直にCAAD10でも買った方がずっといいでしょう!
でも今のアルミロードを少ない予算でなんとかしたいのであれば、ホイールだけは買えましょう。
まあホイールは20万円の完成車を買っても買い替えが必要なので、シマノならデュラエース、フルクラムならレーシング1とかオススメします。

これだけでも普通に練習してればエンデューロは入賞、乗鞍は70分、富士山75分は出せます。
いい素材はほんの少しだけタイムを縮めてくれたり、人より前にでるための手助けでしかなりません。
やはりロードバイクはスポーツですから!
[PR]
by junzi | 2011-09-10 09:35 | うんちくマテリアル | Comments(0)

奇跡の信越五高原ロングライド

台風の影響で開催すら危ぶまれた信越五高原ロングライド。
それが驚くべき事に、日の出と共に雨が止み、閉会と同時に振り出すと言う、まさに奇跡が起きて無事開催となった!

信越五高原ロングライドとは斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯綱の北信を代表する山々で、北信五岳と呼ばれるが、スキーを代表する観光地としても有名。
それを自転車で125km獲得標高差2800m弱のコースを走るイベントだが、今年は去年の倍もの参加者で大賑わい。
それに、走るスタッフとして参加してきた。

レース指向の人に取ってはごく当たり前のスペックのコースだが、普通のサイクリストにとってはかなりキツいと思われる。
走るスタッフの役割は参加者たちのサポートと安全確保。当然速く走るのは目的ではない。それを鑑み、通勤で使っている15kgのMTBにまたがって走ってきた。
それが正解。
100程度の心地良い心拍数で参加者たちとほぼ同じペースで走れた。

宿泊したペンションにはJCAの役員の方々も泊まっており、先日の乗鞍ヒルクライムのウラ話を聞けたりと中々有意義な時を過ごせた。

イベントやスタッフとしての反省点も多くあったが、来年の開催に是非生かして、妻有や糸魚川を凌ぐようなイベントにして行きたい。
[PR]
by junzi | 2011-09-05 06:56 | レース・イベント | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧