銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マウンテンサイクル乗鞍 リザルト

乗鞍は別格のホービーレース。
雑誌での掲載。そしてツール・ド・フランスでさえ放送されないのに、乗鞍は民放で放送されるなどメディアの取り扱いは半端なく大きい。
ある人は「富士山の勝者はすぐに忘れ去るが、乗鞍はずっと記憶にある」。
ホービーレーサーの中には全てを乗鞍にかけている人がいる。
などなど、26年の歴史を持つ乗鞍はまさに別格で、僕もロードに乗り出した2年前の時もレースに全く興味が無かったが、MTBに乗っていた時から乗鞍だけはいつか出たいと思っていた。

そして今年はやっとその思いが叶った。

でも今年は増えすぎた体重がなかなか落ちない。平地は昨年よりいいが、登りはイマイチ。
更に大会2週間前の自転車は天候や諸々の事情で、ジテツウ4日とローラー2時間のたったの計6時間。存分に山岳練習をして身体を絞り込み、ベストな状態で乗鞍に挑みたかったが、逆に体重が増えて筋肉も少し落ちてしまったかもしれない。
そんな状況で大会を迎えてしまった。

乗鞍は昨年あづみのCUPで出した1時間21分が基準。それを最低にどこまで上積み出来るか?
本当に体重も練習もベストなら1時間10分を目標にしたかったが、とても不可能だと悟ったので、1時間15分を目標にスタート!
直後の緩い上りは先頭集団に付いて、35kmを超えるハイスピードで走る。
斜度がキツくなり出しスピードも落ち、スプロケをロー側にシフトして行くが、瞬く間に25TのMAXギヤにするが脚が回らず、乳酸が一機に溜まり出す。離れて行く先頭。
「あゝ~、今日はダメかも」
と悪あがきのつもりでフロントを落とそうとレバーをいじったら、落ちた。
はい、アウターで上っていました。興奮していたせいか、気がつかなかった。
脚と呼吸の回復を待つため、しばしマイペースで走る。
その時気付いたのが、乗鞍は栂池と違ってレベルの差が大きい。参加者は比較的緩やかなカーブ外側を走っている人が多い。
ベストとは言えないもそれなりに速い方なので、前の人をスムーズに追い抜きかつ最短距離を走るために、徹底したイン走行の作戦に出ることに決める。
走り方は大きく分けて3通り使ったが、とにかく踏まないペダリングを意識。
森林限界を超えると一気に視界が開け、大雪渓が目に飛び込んで瞬間はレースを忘れて気持ちいい。これぞ乗鞍!
でもここからが身体的に一番キツくなる。
一定のペースを保ったまま走り、ついにフィニッシュ。

タイム 1時間16分34秒。
クラス別111位/1340人中

と、惨敗。
正直なもので、練習量に比例したタイムです。
こんなのでは新しい機材を投入しても焼け石に水!10月の箱根ターンパイクではしっかりリベンジしたい。

それでも乗鞍は今までのサイクルレースの中ではいちばん楽しかった!
もし来年も出られれば、目標タイムをクリアするために頑張ろう。
[PR]
by junzi | 2011-08-30 06:06 | レース・イベント | Comments(0)

コラテックの新しいCORONES

コラテックのCORONES 2012モデルが発表された。
元来よりアルミのトリプルパテッドで贅沢な作りなのだが、素材が6061から7005に変更された。
これによって軽量化されたと言うが、あるブログによると250gとか。これが本当ならフレーム重量は1350g程度だろうか?
フレーム重量はあまり重要視していないが、一般的なレーシングカーボンより300g程重たいだけである。
300gと言えば、コーヒー缶一つと同じ。乗鞍のような長いヒルクライムレースでも重さによるハンデは30秒くらいだろう。


ちょっと楽しみな一台。
雑誌やブログで詳しいインプレなどがあったらみてみたいなあ。
[PR]
by junzi | 2011-08-25 22:47 | うんちくマテリアル | Comments(0)

アルミフレームを見た目で吟味

都内のワイズロードを周り、気になるアルミフレームのモデルをチェックしてきた。
やはり雑誌やネットで見るのとは大夫印象が違う。
自分の中の候補を上げると、

TREK 2シリーズ
SPC アレーCOMP
CANN CAAD10
GIANT TCRSL2
FOCUS クレブロ
KUOTA コルサライト

まずコルサライトだが、見た目が安っぽい。途中の本屋によったらコルサライトに関する記事を見つけ、読んでみたら実測9.1kgだと。いくらティアグラ仕様でも公称1200gの重さはあり得ない感じがする。少なくとも1500gはありそう。実際に1590gのRA6完成車は8.9kgだ。
評価もアルミの堅さが際立つもので、早々と候補から消える。

アレーCOMPは2012と2011モデルが混在していたおかげで比べてみれたが、変更点は無いように見えた。ただデザインと塗装のキレイさは断然2012モデル。
BB周りの溶接痕が両年度ともきれいに処理されていなかったのが残念。

トレック2シリーズはそう言う意味での処理はとても綺麗で塗装も丁寧。所有感を誘う。
走りの定評はあるので、候補に留まる。

そのトレックに輪をかけて素晴らしかったのが、TCRSL2。成形技術は抜きんでてキレイでまるでモノコックカーボンのよう。塗装の光沢もキレイでポリューミーなフレームを盛り上げでいた。
所有欲を一番掻き立てられた。

クレブロは威風堂々と言う言葉がピッタリ。
所有欲はかなり満たされるだろう。

定評のCAAD10はやはり輝きを放っていたが、トレック2、TCRSL2、クレブロと比べると、溶接痕、塗装ともやや安っぽい。
でも性能は間違いないはず。

と言う事で悩みは続く。
[PR]
by junzi | 2011-08-21 19:44 | うんちくマテリアル | Comments(0)

大穴?のアルミフレーム

アルミフレームのロードバイクを調べていたら、面白いものを発見した。

KUOTAのKORSA LITE。

7005トリプルバテッドで1210g+フロントフォーク470gだ。
CAAD10に迫るフレーム重量に、フロントフォークはカルマと同じものがおごられている。
その2012モデルは新型ティアグラ完成車で12万円。
スペックだけで判断すればピナレロのUNOを超え、CAAD10に迫る。だが価格は圧倒的に安い。
ホイールを軽量カーボンにすれば、ヒルクライムでも悠々入賞できそう。もちろんエンデューロやクリテリウムの方が特性的には向いている感じ。
問題は乗り心地と精度かな。まともなインプレ記事が無いのが悔しい。
[PR]
by junzi | 2011-08-21 10:05 | うんちくマテリアル | Comments(0)

次に乗るロードバイク

次もアルミフレームを考えている。
カーボンフレームはフレームセットで30万以上出さないとロクなものではない。
とくに完成車で20万クラスを買った人はご愁傷さま。
ゆっくりロングライドか街乗りを楽しんでくださいね。

さてそのアルミフレームだが、カーボンに匹敵する超軽量のCAAD10、TCR SLは魅力的。走りもよく巷の評価、人気ともいい。俺も欲しい。

でも耐久性はどうなんだろ?

俺の場合は多少ラフに扱っても、ビクともせずに長く使える奴がいい。
そこで出てきたのが、FOCUS CULEBRO。
とにかく評価が最高。アルミフレームとは思えない乗り心地とペダルパワーを余すとこなく推進力に伝える走りの良さが素晴らしいらしい。
重量はCAAD10の1.5倍の1.6kg。500gの重さはヒルクライムレースでは不利だが、乗鞍でもタイムのハンデは30秒。それをどうとるか?あと30秒速ければ入賞できるだけはオススメしませんが。でも耐久性は超軽量アルミやカーボンより間違いなく上。

コンポは105メインのクランクとブレーキだけアルテグラ。

そしてホイールはフルクラムのチューブレス。
クレブロの走りの良さを引き出し、重さをカバーするには軽量チューブレスホイールがいい。
あれ?これで組むと日独伊の3国同盟じゃん⁈鬼畜米英!(笑)
さてこれらでバイクを組むと、ざっと定価計算で40万円くらい。重さは8kgくらいだろう。
ちなみにティアグラ完成車で15万円くらい。これをベースにパーツ交換していくのもいいかな。

さて、どうなることやら。結論は来春までに出せばいいので、まだまだ楽しく悩みます。
[PR]
by junzi | 2011-08-20 01:12 | うんちくマテリアル | Comments(0)

週末は乗鞍&モテギ

いつも賑わうコースも暑さとお盆のせいか閑散とした雰囲気。
久しぶりにりこ坊のカレーでカレーを食べたが、辛い大盛りを食べて水がぶ飲み。お腹の調子が悪くなり、帰り道は30kmも出せないヘロヘロ走行。
年取ると食えなくなるなあー。

14日の日曜日は対もてぎエンデューロでツレの特訓。
サーキットは平地がメインだから練習も平地、というヤワな事はさせずに白石峠に連れて行く。体幹の使い方を覚えるのには長い坂がいちばん手っ取り早い。
後ろや横からごちゃごちゃ言いながらアドバイスしつつ、なんとか上りきってくれた。
その効果は早速現れ、下っての平地区間では別人のようなペダリングでスピードが乗ってた。
始めて入ったうどん屋さんが当たり。明覚にお昼ごろいる時はまた訪れたい。

今年は10月いっぱいで自転車は終了。11月はマラソン。12月からスキーの予定。

週末2日間は230km走行。
[PR]
by junzi | 2011-08-15 06:03 | トレーニング | Comments(0)

ロードバイクのエンデューロに想ふ

ロード歴3年目のレース歴2年目。エンデューロには去年の川崎ソロ3時間と昨日のつくば10耐チーム戦の2試合しか出てないが、特に昨日のつくばで気になったことを思うままに書きます。異論、反論もあるかと思いますが、それはご自由に。

40km以上で走っている集団で走っていることが多かったが、なぜかチーム走行の如く順で交代するように即される。レースなんだから頭に行きたい奴が行けばいいじゃん。

中切れを起こしそうな人を罵倒する輩がいた。罵倒するなら追いこせよ!

大きなアウトインアウト禁止!とルールがありながら、タイトコーナー目一杯アウトインアウトをする集団がいた。40kmも出ていないので、インベタで一気にその集団を追い抜こうとした瞬間罵声を浴びた。イケナイのはそっちじゃね?その集団を千切ってやったけどさ!

「前に行け」「もっと出せ」、逆に「スピード上げるな」←(笑)その他、とにかくなんだかんだ言い続けて、集団をコントロールしたがる奴がママいた。やかましい!

つくばは時計回りだったが、基本的にインが遅くアウトが速い人。でも集団交代では一般道よろしく先頭が右(アウト側)に逸れるから、その集団を一気に抜き去ろうとした時に、逸れた人と接触しそうになった。
これは大会ルールがおかしいのか?

まあ、おいらは蛇行したり、後方確認なしに走行ラインを変えたり、意味のないブレーキしなければ、それ以外は何でもありだと思ってるんですが。
[PR]
by junzi | 2011-08-09 02:19 | 自転車時事総論 | Comments(0)

JCAつくば10時間耐久

男性3名、女性1名の4人チームで参加。
クラス別6位。悔しい。
タクティクスの難しさをかんじた。

個人
avgsp=40.2km(含むPIT IN徐行)
距離=102.1km
50周?
[PR]
by junzi | 2011-08-08 13:57 | レース・イベント | Comments(0)

荒川河口往復サイクル


新しいヘルメット、新しい自作度付きアイウエア、新しいコンプレックスタイツ、そして明日の筑波10耐を前に体調をみるために、2年ぶりに葛西臨海公園往復まったりサイクリング。
びっくりしたのが新しいコンプレックスタイツ。見た感じ触った感じで良さそうなので買ったが、非常に涼しくて足も動かしやすい!
これ、しまむらで1680円(笑)いままで使っていたミズノより断然よろし。さすがしまむら!まあ両方とも中華製タイツなのが残念だけど、もうウエアは妥協せざるを得ない。
さらにSTIレバーとハンドルを少し狂っていたので調整してテストライド終了。
あとはよく寝るだけ?

90km avg28.5km
[PR]
by junzi | 2011-08-06 16:47 | トレーニング | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧