銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小江戸川越マラソン

数ヶ月前にマイミクさんから、今年から川越でハーフマラソンが開催されると聞いて、調べてみたら情緒溢れる小江戸の町並みがコースとなっているのでこれは!と、速攻エントリー。
ロードバイクもマラソンも街中がコースなのがとにかく楽しい。
この日は各地でメジャーな市民マラソン大会が開催されたが、初開催でありながら1万人参加と大規模なマラソン大会となり、テンションも上がる。

でも今年のオフトレはロードバイクばかりで、ランニングはほとんどせず、大会に向けて走り始めたのも1ヶ月前というていたらくだったが、調子はなかなかいい。2年前のハーフマラソン自己ベストを更新出来るかもしれないという期待を持って挑んだ。

会場となる川越市へは、ウォームアップがてら朝6時前にロードバイクで向かう。まだまっ暗で靄もかかって激寒。冬のロードバイクはやっぱ辛い。でもコンディションは好調だ。
受付と仕度を済ませると、もうハーフのスタート時間だ。それにしても凄い人、人、人・・・。どうやら川越市は東京マラソンに人気を匹敵させたいらしい。

そしてスタート!
マラソンのスタートは全く緊張を感じないのはロードバイクと似てる。
タイムのチェックは5kmごとにした。15km地点までは5kmあたり23分台と自己ベスト更新ペース。走って楽しい街並みに加えて、ロードサイドからの応援が国際マラソン並に凄まじく、これがすこぶる励みになる。
このまま行けば5分以上もの大幅更新だ。

だが事件は残り4kmを過ぎた辺りで起きた。
突然、下腹部に痛みを感じ出してしまった。。
下痢痛のような重い痛み。

スピードを緩めて回復を待つものの、痛みは更に増すばかり。
「ヤバい、もう歩きたい」
と何度も思ったが、応援がそれを許さない。
周りの選手たちがどんどん俺を抜いて行く。もう走るマネをするのがやっと。ゴールゲートが見えて来た残り500mは今は記憶に無いほど朦朧と走った。

そして・・・ゴール。やっと。
記録は1時間45分台。辛うじて自己ベストをちょいと更新したが、1時間41分台が見えただけに、ラスト2kmの無様さは惨敗した気分。
腹痛の原因はよくわからないが、朝食に砂糖とクリームたっぷりの菓子パンをがばがばと食べ過ぎた可能性が高い。ちくしょ~。

次は1月の千葉マリンマラソンだが、シーズン中のコンディショントレーニングみたいなものなので、記録は望めないが体調を整えて走ろう。
小江戸川越マラソンもまた来年絶対エントリーしたい。目標はハーフ100分切り。

とにかく今まででいちばん走って楽しいマラソン大会だった。
[PR]
by junzi | 2010-11-29 23:05 | レース・イベント | Comments(0)

ロードバイク試乗会

彩湖でロードバイクの試乗会に参加。
スキーやオートバイと違って、ロードバイクの試乗など意味があるのか?と、いままで疑心暗鬼だったが、彩湖なら思い切りブン回せるので多少は分かるのではないかと。それプラスして、大宮のトレック店でマドンも試乗。
試乗バイクは20種類位はあっただろうか?全部は乗り切れ無いので、気になるモデルを選んで試乗していたら、ジャイアントとアメリカンバイクだけになってしまった。考えてみれば、過去10台くらい乗り継いだバイクはアメリカブランドばかり。MTB乗りだったからかもしれませんが。

価格的には完成車で30万円前後の現実的なモデルを中心に6台ほど乗ったが、印象に残ったブランドはキャノンデール。
アルミのCAAD10、カーボンのSIX3ともに似たような傾向にあり、素材の違いも味付けが微妙に違う程度にしか感じなかった。

そして今回の目玉はスペシャライズド ターマックSL3。今年のロードバイクレースで勝ちまくったモデル。
もちろんカーボンなのだが、カンカンとした感じは何やら物凄く硬くて薄い金属で作られたみたいも、荒れた路面の所を走ってもまるでMTBに乗っているかのようなビタッとした安定感。
それがペダリングパワーを100%推進力にしてくれ瞬く間にトップスピードに到達すれば、そのスピード維持も楽ちん。45mのエアロホイールの恩恵かもしれないが、まじにモーターが内蔵されているのではないか?と錯覚を受けるほど。
先の川崎マリンエンデューロでこれに乗っていたら楽に優勝できた気さえしてしまう。
完成車で83だか93万円だか忘れたが、オートバイで最も堪能的なフィーリングを受けたデイトナ675を、このターマックSL3は最も簡単に上回ってしまった。

でも。
現実的にはキャノンデールかなあと思って、試乗を終えて自分のバイクで走ってみたが、なかなかいい感じ。バーゲンSALEの7万円で買ったバイクだったが、あれこれ手を入れて自分に合わせたせいか、30万円程度の完成車には決して劣らない。買い換えたとしても重さだけなら300〜400g程度軽くなるだけ。
それなら軽量ホイールとエアロホイールを揃えてシーンによって使いわけたいなあと思った次第。
結論、じゃありませんが。。。


93万円かあ。
[PR]
by junzi | 2010-11-22 07:30 | うんちくマテリアル | Comments(0)

川崎マリンエンデューロ

今年初開催となる川崎マリンエンデューロに参加。
クラスは3時間ソロです。

コースは埋立地の公道を走る一周5.1kmのフラットコースだが、試走してみるとクルマの走り屋が出没するらしく、コーナーにはブラックマークとタイヤカス、ガラス片が。路面も一部荒れていて落車やパンクに注意が必要だと感じる。

この大会の目標は入賞。
「ヒルクライマー」というレッテルを貼られるのがイヤで、そのためにもフラットコースでも結果を出したい。
エンデューロレースは初めてなのだが、その対策として持久力アップと風邪予防のため、体重増を決行。一ヶ月毎日のように唐揚げとチョコケーキを食べてBMI22まで戻す。
技術的には荒川で、向かい風、追い風時の効率がいいフォームとペダリングを少し模索してきました。

スタートはパレード走行からのローリング。
スタート地点を過ぎると一気にスピードUPし、すぐさま先頭集団が形成される。20台くらいだろうか。スピードは最初50kmを超えていたが、一周もすると40km前後に落ち着き出す。
最初は10番手くらいで様子を伺いながら走っていたが、3台くらい前で落車が発生。危うく巻き込まれそうになるが、ギリギリで回避。その影響で集団は9台程になり、ぼくも交代で先頭を引きながら走る。半分となる一時間半を経過した時点ではトップから0.01差の6位。でも勝負はこれからだ。
スキーやジムカーナで養った得意のコーナリングで前に出て、集団を破壊する戦法にしばしば出てみたが、2時間を過ぎた辺りでの3時間ソロの選手は4人くらいまで減る。ここに他のクラスの選手が加わり、列車は7〜8台か。
このまま行けば入賞、ゴールスプリントを制すれば優勝もあり得るとおもい初めていた。
そして交代で先頭を引いて40km超で走っていたら誰も前に出てこようとしない。こりゃちょっと頑張り過ぎ、かなり疲れたので強引に列車の後ろまで後退して走っていたら右ふくらはぎの異変を感じ始める。やばい、攣りそうだ!
ふくらはぎを揉みながら走ったが、症状は悪化。そして瞬く間に失速して先頭集団から千切れてしまった。
はい、ゲームオーバー。
こうなった以上、徐行レベルまでスピードを落として、徹底的にふくらはぎをマッサージだ。その甲斐あって、完全に攣る前に回復し、なんとかペダリングは出来るようになった。
でも先頭集団は遥か前方で全く見えず、スピードも40kmから35km以下位と大減速だ。
残り時間は30分ほど。我慢して一人旅を続けていると後方から他のクラスの速い列車が来た。ここぞとばかりに便乗するとスピードは40km近くと悪くない。脚の攣りも大丈夫そうだ。
再びペースアップして先を急ぐ。そしてなんとかタイムオーバー1分前にゲートを通過して、先頭と同じ数を周回する事が出来てゴール。

最終リザルトは6分遅れの9位/127人。

順位はまずまずだが、内容的には悔しい惜しいとしか言えない。
今日の反省点と課題を元に練習して、来年は入賞目指して頑張ろう。
[PR]
by junzi | 2010-11-15 05:08 | レース・イベント | Comments(0)

サイクルモード2011

今年も大盛況だったらしいサイクルモード。
華やかなイベント目白押しで一日いたが全く飽きない。
今年印象的だったのはミヤタブース。
ミヤタはメーカーと言うより商社みたいになってしまったが、スポーツバイクブランドのKOGAを手放した代わりに、ブリヂストンからメリダを引き継いだ。
多数の試乗車、トップライダーでメリをPRしていたのが目立った。
メリダはあまり知られていないが、ジャイアントに次ぐ世界第2位の自転車メーカーである。当然メジャーブランドの下請けをかなり手掛けていて、スペシャライズドの生産をしている。
メリダブランドが強いのはMTBだ。でも日本では下火。
舗装だらけの日本の道でMTBが流行るのはこれから先も考えにくい。ロードバイクやクロスに力を入れてくるのだろうか?台湾ブランドは何かと敬遠されてしまうが、質は間違い。メリダが伸びるためにはジャイアント以上のコストパフォーマンスが必要だ。
カーボン、フル105で15万円くらいのモデルが出れば。。。
今後に期待したいメーカーである。
[PR]
by junzi | 2010-11-13 23:06 | 自転車時事総論 | Comments(0)

初心者のためのロードバイク選び その2

その1ではアルミフレームで105コンポのロードバイクが初心者には最適と述べた。
そのクラスのメーカーでは、ビアンキ、ジャイアント、トレック、キャノンデール、ブリヂストンアンカー、フェルトあたりがお勧めだ。
注意しなければならないのは適切なサイズ選びとポジションだし。これは信頼できるショップで絶対相談しなければならない。

そんな感じで買ったロードバイクも乗り込んで行くうちに、色んな不満が出てくる。
ポジションで影響が大きいのはサドル、ハンドル、ステムだ。標準的なサイズ出しで最初は選んで構わないが、最終的には身体のトータル的な感性だ。しかもその感性は変化していくのが常なので気がついたら、それらのパーツがゴロゴロ、と言う道は避けられない。
そしてもっと速く快適なバイクにしたいと思うようになる。そんな走行性能のアップに大きな影響を与えるのがタイヤとホイールだ。完成車の場合、最低でも30万円は出さないとまともなホイールが付いてこない。そのホイールを5万円以上の中クラス以上にしてみよう。合わせてタイヤも一本5000円以上のものを使ってみよう。
走りが劇的によくなるのが実感できる!
これなら一日200km以上走れる、レースも行けそう、そう感じるはずだ。そして実際に走っていく。もうあなたはこれでロードバイクの虜。
知識、体力、技術が付いているはずだ。

さあもっと上を狙いたい。
そこで初めてカーボンフレームを選択して欲しい。
[PR]
by junzi | 2010-11-06 17:19 | うんちくマテリアル | Comments(0)

初心者のためのロードバイク選び その2

その1ではアルミフレームで105コンポのロードバイクが初心者には最適と述べた。
そのクラスのメーカーでは、ビアンキ、ジャイアント、トレック、キャノンデール、ブリヂストンアンカー、フェルトあたりがお勧めだ。
注意しなければならないのは適切なサイズ選びとポジションだし。これは信頼できるショップで絶対相談しなければならない。

そんな感じで買ったロードバイクも乗り込んで行くうちに、色んな不満が出てくる。
ポジションで影響が大きいのはサドル、ハンドル、ステムだ。標準的なサイズ出しで最初は選んで構わないが、最終的には身体のトータル的な感性だ。しかもその感性は変化していくのが常なので気がついたら、それらのパーツがゴロゴロ、と言う道は避けられない。
そしてもっと速く快適なバイクにしたいと思うようになる。そんな走行性能のアップに大きな影響を与えるのがタイヤとホイールだ。完成車の場合、最低でも30万円は出さないとまともなホイールが付いてこない。そのホイールを5万円以上の中クラス以上にしてみよう。合わせてタイヤも一本5000円以上のものを使ってみよう。
走りが劇的によくなるのが実感できる!
これなら一日200km以上走れる、レースも行けそう、そう感じるはずだ。そして実際に走っていく。もうあなたはこれでロードバイクの虜。
知識、体力、技術が付いているはずだ。

さあもっと上を狙いたい。
そこで初めてカーボンフレームを選択して欲しい。
[PR]
by junzi | 2010-11-06 17:19 | うんちくマテリアル | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧