銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:スキー技術、基礎( 5 )

コブ◎

野沢温泉でのスキー合宿は3日間スラロームだった。
f0236449_04524474.jpg

スラロームは大会に出ないのでハイシーズンは全く練習しないのでGWのスキー合宿だけ。
しかし今シーズンは雪が少ない影響で3日間スラロームだったので練習日数はGSと同じになった(←レースやってるのにどれだけ練習少ないのかwスキーなめてます、ハイ)。
順手、逆手間に合わず、身体や頭でポールを受けたことも何度か。前歯が折れなくて良かったよ。チンガード買おうかな(あそこのチンはガード不用)。
そんな合宿の合間にテクニカ希望のクラブ員を誘ってコブへ。
f0236449_04512539.jpg
その時は自分でもビックリするくらい上手く滑れた。
履いていたスキーはやや柔らかいフィッシャーのSLセカンドモデル。
SL練習では深いバンクが出来ていたが競技なので縦の滑りが必要。
その2つの要素が上手く噛んだ滑りがコブの中で出来たようで、仲間からも「上手い!」と誉められた。
よし、この感覚でテクニカル受験しよう
(だからシーズン終わってるって)



[PR]
by junzi | 2018-05-10 01:30 | スキー技術、基礎 | Comments(0)

遅い理由

写真は今シーズン最低レベルのリザルトだった横手山大回転のものである。
f0236449_12365975.jpg
次は優勝したNさん。
f0236449_12373610.jpg
たまたま同じ所を撮られていたので非常に参考になる写真だ。

一目瞭然なのは雪けむり。
俺のが盛大に上がっているのに対してNさんはほとんど上がっていない。
そしてNさんはスキーがパラレルになっているが、俺はシューレン。
Nさんの上体はスキーの進行方向にあるが、俺は外向になっていてスキーとは別方向。
遅いのは当たり前である。
道具がいくら完璧でも無意味。
固いバーンの急斜面ではあまりタイム差がつかないが柔らかい雪や緩斜面ではブレーキスキー。
シューレンになっているのはターン前半に後傾の強いエッジングでスキーを曲げようとしているが曲がらないので内スキーでラインを補正しているのだ。
ターン前半はセンターに乗り、基本的に加重ゼロである。センターに乗ることで荷重すればスキーは自然に曲がるので減速要素が少ないターンができる。
内足をもっと畳み込んで外スキーに体重を多く乗せる運動も必要だ。
次のスキーではその点を意識して滑ろう。

え?もうスキーシーズン終了なの?
カビーン。

[PR]
by junzi | 2018-05-08 12:35 | スキー技術、基礎 | Comments(0)

丸山貴雄さんと比較

なんて痴がましいタイトルなんだ!
とまあ先日のアサマ2000での動画と丸山貴雄さんの滑りを並べてみた。
f0236449_12415944.jpg
f0236449_12422449.jpg

ターン中盤での写真ですが、丸山貴雄さんはグッと外腰が前に出てますね。因みにターン前半は上体の先行動作がより大きかった。
それなりに傾きも出てるしスキーも走っているが、やはり全体からして動きが小さい。もっともっと身体を動かすスキーをしないとダメだな。

[PR]
by junzi | 2018-04-02 12:39 | スキー技術、基礎 | Comments(1)

アサマ2000 フリー

土曜は久しぶりフリースキー。
8時から14時くらいまでよく滑った。
でも何年かぶりにスキー中にアルコール。
おかげで腰の痛みが出てしまった(>.<)
f0236449_02580823.jpg
でも時々ビデオ撮影しながら滑りを確認。
ターン前半の内傾、後半の外傾、上下動、自分では動いているつもりがすごく小さい。
明日はここでプライズ検定があるようで、事前講習の生徒が100人くらいいたが、滑りを見てたらみんな動きが小さい、俺同様(笑)。特に上下動は皆無。
小回り系のスキーを履いてのそれは求められる滑りではないからかもしれないが、スピードはものすごく出てるけど、本当の意味で走ってない。まるでスノーボードのようなターン。
良い悪いは別として、それは俺が求める滑りとは異質なんだ。


[PR]
by junzi | 2018-04-01 02:43 | スキー技術、基礎 | Comments(0)

かたしな高原でポール

佐藤翔さんのGSポール練習に参加。

中急斜面に20旗門ほど。
論理的で熱いコーチングはすごくためになった。
f0236449_20065408.jpg
同じくカンダハーカップSLが開催されていた。
f0236449_20073675.jpg
カンダハーカップはよませの時より大きく魅了が失せた。
練習コースより短い大会バーンで斜面も単調。景品もスキー板などの大物は無い。これでは練習していた方がいい。
参加者が高齢化しているからバーンをイージーしたとするなら大間違い。GSなら最低でも標高差200m以上の30旗門は欲しい。
そんなコースで滑りたいならもう公認レースしかないのかな~。
腰痛は悪化。
もう今シーズンはフリーやポール練習はしないで大会の時だけ滑るようにするしかないな。

[PR]
by junzi | 2018-03-10 19:53 | スキー技術、基礎 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧