銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:トレーニング( 58 )

ヒルクライムは技術か体重か機材かパワーか

経験から順位付けすると、
技術→パワー→機材→体重ですね。
でもその人のレベルによって順位付けは変わります。体重100kgの人なら先ずは体重を減らさないとダメだし、すでに最高レベルの機材を持ってれば必要ない。
でも例えば運動好きな高校生と運動不足のメタボおやじ、そのどちらも同程度に必要なのは技術とパワーになりますね。

技術が一番最初なのは、パワーと体重は後から必然的に付いてくるものだからです。
技術を付けるためには毎日のように練習しなければなりません。毎日漕いでれば黙っていてもパワーは付いてきて、体は絞れてきます。
技術と言ってもポジション、ペダリング、ギヤチェンジと様々です。特にポジションは最重要。これが出来てからペダリングですね。
ペダリングは円運動ですがこれが難しい。ペダリングモニターでチェックするのが良いですがチェックはチェックで上手くなるわけでは無いです。技術を付けるための練習方法は様々。自分で勉強して見つけて練習するしかないです。
この練習方法についてはまた書きたいと思います

[PR]
by junzi | 2018-10-08 23:18 | トレーニング | Comments(0)

赤城山一週間前の追い込み

連休の日曜日は白石峠TT、月曜は堂平山をメインに周辺の峠を走って標高差を稼いで登りの筋肉を刺激した。
f0236449_17291636.jpg
練習前にタイヤをパナレーサーのジラー23Cにチェンジ。赤城山本番ではより軽量のコンチネンタルのスーパーソニックを使うが練習でもそれに近い重さのタイヤを使用して走りのコツをつかみたかった。
ジラーの実測重量は155g、チューブは50gで合わせて205gと並のタイヤより軽量。そのせいか実力か分からないが、白石峠のタイムは28分30秒くらいだった。今年のベスト。
因みに圧は9barが一番良かった感じ。流行のワイド低圧とは真逆です。

月曜の走行は物見山から横松ー定峰経由で堂平山ー新横松ー物見山三段。計算上の獲得標高差は1500mくらい。ストラーバだと2500mくらいになりそうなので騙されないため使用せず。
2日間の獲得標高差は2500mも行かない位で例年の一週間前の追い込みに比べると1000m以上も少ない。
それを補うために水曜日にでも1時間くらいローラーするか?
気力があればだけど。


[PR]
by junzi | 2018-09-24 16:22 | トレーニング | Comments(0)

お盆ライドまとめ

1日目
上田市~長和町~白樺湖~ヴィーナスライン~長和町~上田市
f0236449_15123518.jpg
2日目
湯田中~渋峠~万座~須坂
f0236449_15135472.jpg
3日目
小布施~笠岳~小布施
f0236449_15145493.jpg
4日目
佐久市ー大河原峠~佐久市
f0236449_15163134.jpg
5日目
自宅~物見山往復

最終日を除き、標高差1500mクラスの峠を毎日登ってヒルクライムを強化。
体重はそれなりに減ったけど速くなったのか?
赤城山で今週末もタイムアタックして成果を出せればいいな。


[PR]
by junzi | 2018-08-15 15:10 | トレーニング | Comments(0)

5/4野沢温泉 SL練習&スキーテスト

昨日は晴れ予報だったのに午前中は濃霧と小雨であまりスキーにならず。
そしてお昼ごろはなんと大雪に。
f0236449_23510366.jpg
でも午後からのSL練習は雪が止みました。
f0236449_23520870.jpg
SLは大会に出ないので、シーズン1~2回の練習のみ。当然それでは上達は望めませんが、基礎やGSにつながる練習になるのです。
でもSLだからタイムは意識しますよ。
各メーカーのSLが試乗用に揃いましたが、オガサカが乗りやすくてタイムも速かった。SLは何年も前からいい感じを得ていたのですが、タイムでそれが実証された形です。
f0236449_23575209.jpg



[PR]
by junzi | 2018-05-04 23:48 | トレーニング | Comments(0)

フィッシャー テストキャンプ

野沢温泉で開催され一日だけ参加してきた。
フィッシャーの上級モデルが全て試乗できて、オンコースでタイムが計れる。
試乗会は小売店主催のものが多いが、乗りたい機種や長さが無かったり、また春のザラメの一般ゲレンデを滑るのでフィーリングだけで終わってしまう。これでは本当の試乗にならない。
自分に合ったメーカーはいつもだいたい決まっているので、今シーズンからはメーカー試乗会に参加することにした。
フィッシャーは以前は全く合わなかった。滑走中カラカラ音がして、また硬さを感じたり暴れたりと、俺の滑りには会わないと思っていた。でも2年前にふと乗ったらとてもいい感じ。また先シーズンはクラブのキャンプで乗ったらとてもいい。
それでいそいそと参加してきた。
バーンは湯の峰の中緩斜面に25秒ほどのセット。

テストGSマスターズの189cmと183cm。
結果は、
189cm=24.7秒
183cm=25.5秒
俺のアトミック183cm=25.1秒
2月のアトミックテストと似た傾向で長いR27のモデルが速かった。
f0236449_18494313.jpg
GSマスターズのフィーリングは安定性が良く回転性もいい。急斜面や荒れたバーンでも安心感があるので責める滑りができそうだ。

午後は自分のアトミックで練習中心。
ブーツのアライメントを合わせたので、特に緩斜面が良くなった感じ。
シーズンラストスパート。悔いのない終わりにしたい。

[PR]
by junzi | 2018-04-21 18:34 | トレーニング | Comments(0)

最近は平地ばかり

赤城山が終わって、嫌いな坂から解放!ってことで、週末サイクリングは平地ばかり走ってます。

10/4はときがわ町へ。
この日は12人。
途中の志木市のコスモス街道ではまったり走行を楽しみました。<
f0236449_19452978.jpg
br>
ある程度は走れる人たちなので、先頭が回って来たときは40kmまでスピードを上げて長めに牽いて遊んでみたり、坂や峠はまあぶっちぎり1着でした。
f0236449_19505504.jpg

120km

10/10は葛西臨海公園方面へ。
いわゆる荒サイで5名で走行。
ど平坦なので、ほぼ先頭固定で37-8km前後で延々と牽いて走りました。
100km

10/11は小川町ののこのこピザへ。
友人と二人なので、この日も40km近くのスピードで延々と牽いてました。
今年初めて行きましたが相変わらずサイクリストで賑わってますね。
140km

でも平地って何処と無くもの足りない。
関東も紅葉が来たらまた山に行こう。
[PR]
by junzi | 2015-10-14 19:41 | トレーニング | Comments(0)

乗鞍vs赤城山 ドーン オブ ヒルクライム

タイトルは某映画のパクリだけど、今週末の乗鞍に出る隊長と俺の赤城山ヒルクライムの練習を兼ねて、赤城山に行ってきた。

早朝、魔の環八周辺は大雨で前橋も天気が不安だが取り合えず出発。上武道路はいつも通りスイスイでストレスなく、デポする赤城の恵みに到着。
赤城山は黒い雲が掛かっていて私的降水確率90%だったが山麓は降っていないので玉砕覚悟で出発。
スキーもそうだけど、雨だから止めるなんて軟弱な事を言っていてはレースじゃ絶対勝てないしね。

計測地点に行き、まずは隊長が出発。
そして5分後に俺が出発。
隊長は俺に追い付かれない、俺は隊長を追い抜くのを目標にしたガチンコレース。
還暦を迎えた隊長に対して、5分のハンデしかない俺も情けないが、隊長のスーパーGGIぶりには脱帽するしかない。

先行した体調を猛追したいが、今日の体調と丁寧なペダリングを心がけたいのでマイペースで登坂。
体調はいたって普通。
だけど、畜産試験場を過ぎた辺りからポツポツきてソバ屋を過ぎた頃には完全に雨。旧料金所には沢山のロード乗りが雨宿りしていたのを見て俺も止めたくなったが、止めたら同じ軟弱者になってしまう。隊長はいないので雨でも構わず進んだらしい。選択は前進のみ。
九折を過ぎ、残り1kmを切っても隊長を視覚に捉えられない。
「追い付けないか」と思ったが、ゴールまで残り500mくらいのポイントで隊長が視覚にはいった!
ゴール間際の直線でフロントをouterに入れて加速。一気に隊長を抜き去ることに成功!
と、思いきや隊長にハイケイデンスで抜き返される。
そしてそのままゴール。
タイムは1時間21分。
雨と言えど悪い。
ミシュランのプロ4のせいにしよ(笑)。このタイヤ感覚的に全く転がらないし、登坂じゃものすごく重く感じる。ほんとクソタイヤ。
でも隊長は上機嫌。今シーズン不調だったが1時間26分なら乗鞍は1時間20分切りに年代別入賞も見えてきたからだ。頑張って欲しいです。

2本登る予定だったけど、この雨なので1本のみで終了。
サイクリストサービスのある温泉に入って帰りました。
[PR]
by junzi | 2015-08-24 22:35 | トレーニング | Comments(0)

暑いぞ!熊谷~行田サイクリング

連休中日の19日の日曜日。

スタート地点の秋ヶ瀬公園には8名が集まりました。

寝坊して遅れそうになったので、自宅から秋ヶ瀬公園までの爆走が本日一番辛かったのは、ここだけのお話しです。

1班は3名で少し速く走る人、マイペースの2班は5名と分かれて出発。
僕がいる1班は若干向かい風の中を30~38km くらいのスピードでローテしてあっという間に最初の休憩ポイント吉見運動公園に到着。
2班が到着するまで長めの休憩。

その後まったり走行で「のぼうの城」の水城跡~古代蓮~さきたま古墳群を見学。
特に古墳群には惹かれました。世界遺産に登録を!と運動しているみたいですが、誰のお墓だかよくからないのにそりゃ無理ってもんです。
f0236449_17574739.jpg

昼食の由す美には開店同時の11時に着。カレーうどんが美味しかったけど、天ぷらも絶品とのことなので、次に来たときは食べてみたいです。

お昼を回り暑さがピークになろうとしているときに熊谷名物?かき氷の雪くまを農協の直売所で頂く。
ふんわり氷は口に優しくとても美味しかった。
少し走って次は吉見のハッピータイムに寄り、恋イチゴを頂く。
これは絶品でした。
イチゴをそのまま凍らして薄くスライス。そこに練乳をかけたものですが、一人前でイチゴ一パック分を使う贅沢さ。
氷は使ってないので口当たりは柔らかいのですが、お腹に入ってもイチゴが冷えないので、体を優しく冷してくれます。
そしてお腹いっぱい。
これで500円は安いですね。
f0236449_18103559.jpg

後は荒川CR に戻り帰るだけ。
気温は36度。
でも皆さん調子良さそうにペダリングしているので、こちらもペースを上げて牽いてみました。
鬼牽き!なんて言われましたが。

初めてスポットにグルメ、そしてちょっと強めの平地高速トレーニングと、暑さに負けないサイクリングが楽しめた1日でした。
[PR]
by junzi | 2015-07-21 18:16 | トレーニング | Comments(0)

ツール・ド・つくば自走210km

2週間後のツールドつくばの為の試走に行ってきました。
筑波山周辺は自動二輪閉め出しなので、レースコースは走った事が無いのです。

朝の6時に自宅出発。
ルートは単純に往復とも外環ーR4ーR125。
9:40にレースコース入口に到着。
f0236449_18161473.jpg


95kmも走ったので、少し抑えて行くつもりでしたが、サイクリストの多さに吊られヒートアップ。
スタートからスカイラインに合流する不動峠までは道はかなり荒れていてあまりホビーレースには相応しく無かったが、スカイラインに入るとそれは一変。
f0236449_10464158.jpeg

滑らかな舗装と下り基調のアップダウンのため、レーススピードは50kmは軽く越えると予想。楽しくなってきたが、ここで脚がつりだす(涙)。
風張峠からロープウェーまでは完全なヒルクライムだが、5分と短いので必ずしもクライマー有利にはならない感じがしたが、攣りそうな脚を騙し騙しで登坂。
そして昨年の優勝者が30分ほどのところ、38分もかかってしまう。
脚回りレース仕様にして、皿脚で挑んだとしても今の実力では34,5分くらいでしょうか。
全くお話になりません。
やはり勝負は夏を過ぎてからでお願いします。
f0236449_18164179.jpg


因みに有名なつくばの道は30%を越える超絶激坂。
もちろん走りませんが好事家さんは是非トライして下さい。
f0236449_18172145.jpg


帰りも攣りそうな脚を庇いつつ、休憩を多めにとってなんとか16時に帰着。
210kmのアベレージスピードが27.9km。往路が31kmだったので、復路は26kmくらいですか。ちょっと考えていたツールドおきなわ210kmは完走出来そうにないですね。

道の駅古河で食べた手作りパンが美味しかったなー。
[PR]
by junzi | 2015-06-07 18:15 | トレーニング | Comments(0)

Inner Low & FOLCETTO 合同練習

と言っても4名です。
f0236449_20533686.jpg

このメンバーは全員、乗鞍はチャンピオンクラスの脚を持ってるので、ほんと疲れますw

InnerLow隊長はおきなわ、俺は幕張と来週のレースに向けてトレーニング。
集合の秋ヶ瀬公園を出発して、上江橋でFOLCETTO のTK. SIO さんが合流、ときがわで同じFOLCETTO の細マッチョさん合流。
今日の山岳ルートは、横松ー定峰ー白石。

しかし今日は暑い!と思っていたら、どうやら俺だけ。確かに気温は高めだけど、秋冬物インナーを着ているせいだとわかった。
汗が止まらない。
休憩のセブンイレブンでしっかり水分補給していれば良かったが、居座っているネコたちに気をとられていたら、水分補給するのをすっかり忘れる(/--)/

それでも横松までは良かったが、下って定峰に向かう途中で脚に張りを感じ出す。
「ヤバい。これは攣る前兆だ」
ボトルはもうほとんど空になっている。
定峰の緩斜面は出来るだけ軽いギヤでケイデンスを上げて脚に負担を掛けないように登るが、メンバーがメンバーだけにゆっくりとは言えない速度。
そしてついにチーン。見事に両足とも攣りました。
あとは峠までゆっくり登坂しトイレで水分補給。両足と首に水をぶっかけてボトルは1本分の水を胃袋に。
11月の峠でやる行為ではありません(笑)。
皆がいる白石峠まで行って、暫しの休憩。
下りで水分が身体に染み渡って来たのか、脚が復活して回り出した。
いつものあたごで昼食し、細マッチョさんはそこで離脱。帰路は心配した向かい風は強くなく、3人で快走ローテが出来ました。

上江橋でTKさん離脱後は、エンデューロの平地練習がてら、朝霞まで時速35~38kmで隊長を1本牽き。
秋ヶ瀬田圃で気付いたら、途中で抜いたサイクリストたちが7台くらい俺と隊長の後ろに着いている。
やはり平地ではよほど脚力に差がないと千切るのは難しい。
レースではトップ集団は40kmくらいで巡行すると予想しているが「我慢する」をキーワードに、入賞を目標に走りたい。
[PR]
by junzi | 2014-11-02 20:52 | トレーニング | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧