人気ブログランキング |

銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ: レース・イベント( 43 )

あと2秒速くなりたい!(一の瀬大回転)

4/14(日)は今シーズン最後のレースとなる(予定の)一の瀬大回転に出場。脚の痛みもほとんど無くなり思い切り滑ることができたが、結果はクラス39名出走中の14位。ラップ40.96秒でいつものNさんに対して44.34秒≒8.2%遅れに終わった。2月には勝っていた選手に負けるなど、先々週の。ケガの影響があるのか本調子では無かったかもしれないが、力は出し切れたと思う。
リザルトトップ3名は国体選手。先週の高天ヶ原優勝選手が5位で、それ以下の選手もタイム差は小さく全体的なレベルは高かった。
f0236449_21483478.jpg

このレースはマラソン大会みたいな写真撮影のサービスがある。写真はビデオより滑りの特徴がわかりやすいので大変ありがたい。
ここでは俺の滑りと2位となったW選手の滑りを比較してみた。理由は優勝のNさんとWさんのタイム差はほとんど無いのと、Wさんは俺と滑り方が似ているからである。

⚪ターン前半
f0236449_03580650.jpg
W選手
f0236449_03583936.jpg
ここは俺の方が良い?
両者とも体軸をストレートに倒しスキッディングでラインを狙います。でも俺の方が外足加重を意識しないで素直に乗れてスキーがパラレルになってます。少しでも外足を意識するとW選手のようにシューレンとなりタイムロスとなります。

⚪ターン中盤
f0236449_04043410.jpg

W選手
f0236449_04050915.jpg

ここで大きく差が出た。
W選手はリカバリーに成功してくの字で外足に乗りスキーをたわませているが、俺はターン前半のフォームのままで内倒し、内足に乗ってしまった。外スキーがたわんでいない。お尻が落ちて力が逃げている。

⚪ターン後半
f0236449_04100283.jpg
f0236449_04105407.jpg
W選手
f0236449_04114014.jpg
ひでえ滑り。
中盤でスキーがたわまず曲がらないからさらにお尻を落として回してしまい、強いブレーキ操作になってしまった。

☆運動のポイント
中盤でくの字姿勢を取る。そのためにはターン前半から腰の動きを意識して外足は曲げ無い内足は折り畳むこと。
ターン後半はスキーを曲げない斜滑降のフォームを取る。腰とスキーの進行方向を一致させる。そのことで減速要素を減らす。
もちろんお尻が落ちるのはご法度。

シーズン残りもわずかだがその事を意識して練習しよう。


by junzi | 2019-04-17 03:36 | レース・イベント | Comments(0)

今週末は野沢温泉vs志賀高原(高天ヶ原大回転)

春スキーの時期になりました。
先週のかぐらで右足筋肉を痛めてしまいGALAカップは棄権。今週末のスキーは脚の状態如何だったけど普通に歩けるくらいまで回復したので出撃しました。 

土曜日は野沢温泉。
f0236449_05591219.jpg
やまびこゲレンデではFISマスターズが開催されてた。世界中からトップのマスターズレーサーが集まる!と言うのはもちろんウソで、お金と時間に余裕のある関東のスキーヤーが多い。 
やまびこゲレンデはスキーヤー、パラダイスはスノーボードが多くかなりの賑わい。
脚の状態はまあまあ。無理なスキーは出来なかったので、ちょっと恐る恐るな滑りになってしまったのは仕方ないけどそれなりに滑れる事ができてよかった。

日曜日は志賀高原高天ヶ原。
f0236449_05593598.jpg
恒例の高天ヶ原大回転に出場。南関マスターズ大回転とダブった日程だったのでマスターズクラスのエントリーは少ないと思っていたが、昨年の倍はいるではないか?
脚の痛みは昨日とあまり変わらなかったので、痛み止を飲んで出場。気持ち的に攻める滑りができずイマイチなリザルトだったけど、無事に完走できた。
f0236449_05595393.jpg


それにしても志賀高原はガラガラだった。焼額山のコースを見てもほとんど滑っている人がいない。
春スキーシーズンになると志賀高原は各スキー場の連絡コース、リフトが閉鎖されるようになってしまった。カルテル違反が発覚してからだ。そうなると凄く小さなスキー場になる。それでもリフト券は高い。共通リフト券は何のためにあるの?
野沢温泉を選ぶのは当然だろう。
志賀高原よ、もうちょいサービス業と言うものを考えて欲しい。

by junzi | 2019-04-07 20:37 | レース・イベント | Comments(0)

丸沼高原大回転、はと車カップ、サロモン試乗会と佐々木明

先週末のスキーは盛り沢山で疲れた。当初の予定でははと車カップでシーズン終了だったので無理を承知でイベントを土日ともぶち込んだんだけど。でも今シーズンもGWまで滑ります。

まず土曜日は丸沼高原高原大回転。
この大会は参加費とリフト代で5000円と丸沼高原の一日券ほどの価格でエントリー出来て、しかも景品も盛り沢山。
コースは40秒ほどと短いけど楽しさ満載の草レースなのだ。結果はラップより2秒ほど遅れての14位とパッとしなかったけど、タイム差的にはまあまあか。昨シーズンより良いし。で、景品はロシニョールのキャスターバッグ。使わないけど嬉しいです。
f0236449_01360222.jpg
f0236449_02350877.jpg

f0236449_02360602.jpg

表彰式のあとは湯沢経由で野沢温泉入り。
前夜祭でオードブルとお酒飲み放題は最高。

翌朝はディアバイセラウシュと言う一斉スタートのダウンヒルレース。もちろん二年連続の入賞を目指したがスタート直後にスキーを落として出遅れてまさかの11位。続いてのGSもぱっとしない滑りで10位と両種目とも過去最低だった。硬い急斜面で練習しなかったツケが来たので課題が見えた。まあ楽しかったので良し。
f0236449_02430248.jpg
大会後はサロモンの試乗会に参加。
乗ったスキーはS FORCE BOLDと言うスターウォーズみたいな名前のスキー。
f0236449_02472635.jpg
184cmでR17センター84cm。
ハイスピードで豪快に身体を倒して滑るのが楽しかった。荒れたバーンでも長さや太さからくる安定感は最高。でも日本では受けそうにないなあ。
続いて小回り用のS MAX 165cm。アトミックのS9iのサロモン版だけどグリップ力はサロモンが上。キレキレの小回りが楽しい。買わないけど。
その野沢温泉では佐々木明と滑ろう企画が開催されていた。明さんの滑りは深い内傾ととにかく翔んで回る子どもがそのまま大人になったかのような滑り。見ていてほんと楽しくなる。
ツインチップのスキーが欲しくなるよ。

2日ともレースの結果は残念だったけど、スキーを思い切り楽しみました。
ではまた来週末!


by junzi | 2019-03-19 02:26 | レース・イベント | Comments(0)

菅平シュナイダー記念と来期レクザムR-EVO

緩斜面で板を走らせるコツを掴んだ、急斜面では落とされない動きも先日の志賀高原と昨日の軽井沢で出来た。菅平の大会はかなり良い滑りが出来ると思ったが、入賞は出来たものの結果は惨敗だった。
f0236449_02191464.jpg
なぜだろう?
緩斜面では動いたつもりだし急斜面では板は落とされなかった。
でも実際には緩斜面では走ってなかった、急斜面ではラインが溢れてしまった。
一言で言えば良いターンをしようとして攻めるスキーが出来て無かった。基礎スキーみたいな滑りをポールの中でしてしまった。考えてみれば2日程度練習した事がチャンピオンコースのような難しいバーンでできたら世話ない。
ポールとフリー、しっかり滑り混んで技術の底上げがタイムアップへの近道。

*******************

帰りに寄ったスキーショップにレクザムの来期モデルが合ったので履いてみたらドンピシャ。95mmの選手用だがシェル出しは必要ないと思うしカントも大きく調整する必要は無さそう。既存のインソールを入れるだけで雪の上に立てそうだ。できれば雪の上でテストしてみたい。
レクザムは機能コテコテでその割にはフィット感の満足は低かったけど、来期モデルはラングやドーベルマンの不満が全て解消された感じがした。しいて言えばサロモンのXMAXに近いかな?
f0236449_02182453.jpg






by junzi | 2019-03-13 02:00 | レース・イベント | Comments(0)

木島平県知事杯

苦手なコースです。
まともな成績を残した事がない。それなのにそれを克服すべく毎年エントリーしている俺って偉い(誰も誉めないから自分で誉める)。
f0236449_02551977.jpg
1本目は昨日戸隠で始めたターン前半の身体の使い方を意識して滑るも全くスキーにならず、下から数えた方が早い順位。振りの少ないスピード系セットだったのも苦手に輪を掛けた。
2本目は振りの大きい好きなセット。順位はどうでも良くなったのでインスペは流してお仕舞い。スキーは183から190にして1月から意識している運動に戻して滑る。
結果、2本目だけ見ればまあまあ。でも入賞するためにはあと2秒は縮めなくてはダメ。そのためには昨日練習した滑りを身に付ける意識が必要かもしれない。
結果的には今年も惨敗だったけど1本だけでもまともに滑れたで収穫があった(と思いたい)。
f0236449_07284495.png

by junzi | 2019-02-25 02:37 | レース・イベント | Comments(0)

いいづなリゾート杯

f0236449_07213805.jpg
クラス別6位と辛うじて入賞。
f0236449_07163893.jpg
37ターンだが比較的セットは真っ直ぐ目。
イケイケで行ったら上から狙わなければならない急斜面で落とされて直ぐしたの緩斜面ヘアピンターンは失速してしまった。ここで1秒くらいロスしているかな?その緩斜面でも腰が落ちてしまった。
中斜面ではある程度思っていた滑りが出来たのが収穫か。

2月は苦手な木島平で2レース予定。
しっかり動いたスキーをしたい。

by junzi | 2019-02-04 07:15 | レース・イベント | Comments(0)

ぶっちぎりで優勝

デュラエースのホイールWH-9000 C24 CLでときがわ町サイクルフェスタの高篠峠ヒルクライムTTで年代別優勝しました。
タイヤはスーパーソニックの20C。
ワイドリムだ、25Cだとメーカーが推奨してる昨今とは真逆のマテリアルです。
f0236449_20380624.jpg
因みに総合優勝の若い人はWH-7900 C24 CL。
雑誌や巷のブログでは、ともに柔らかくて進まないと言われてるシマノのナローリムクリンチャーです。
もちろんヒルクライムは技術と脚力の上積みが一番重要です。でも機材も神経質になるくらい重要です。硬くてワイドなリムのホイールのメリットは何なのか?雑誌やブログの記事は参考にするけど、それ以上のものは無いです。鵜呑みにして使うと痛い目に会います。
ホイール選びは試乗するのが一番です。お金は掛かるけどヤフオクで買ってダメなら売るのも手です。


by junzi | 2018-10-28 20:35 | レース・イベント | Comments(0)

横手山大回転

結果はラップから15%近く遅れてリザルトも真ん中より少し下と、3月のカンダハーカップに匹敵するワースト。
f0236449_17064078.jpg
横手山のコースは90%緩斜面と、完全に苦手なコースなので昨シーズンの1回で出ないつもりでしたが、今シーズンの成果を知りたかったのでエントリー。
正確に言えば昨シーズンより数パーセント縮まってるけど、誤差範囲内かなの程度。国体選手のNさんの10%以内に付けなくてダメでしょうね。
でもダメな理由が明白になったので、収穫があったレースです。
道具はブーツ、スキー、チューン、ワックスとも完璧でした。
遅いのは単純に技術。
スタートから3旗門程度の中斜面はまあまあサイテーだったけど、そのスピードを緩斜面に繋げなくなくてはいけないのに身体が動かずのほとんど旗門で遅れまくりの本物のサイテースキーになってしまった。
遅れた理由は明白で腰痛の傷みが昨日からぶり返してしまい、腰が動かなかったから。腰痛が再発したのは昨日のフィッシャーのポール練習後。借りたマスターズの189が気持ち良く滑れたせいか、最後の1本を3回も滑ってしまった。4月になって調子が良くなってきたが、ここで腰痛がぶり返してしまった。結果。腰が内側に入らずお尻が落ちたターンになり、曲がらないから遅れてしまう負のスパイラル。
今日は反省反省のレースでした。
f0236449_01020578.jpg

by junzi | 2018-04-22 23:58 | レース・イベント | Comments(0)

丸沼高原大回転

初めてエントリーです。
参加者は150人くらいでしょうか。顔ぶれはやはり長野とは全然違いますね。当たり前だけど丸沼高原レーシングの人が多かった。
レースは22旗門20ターン。
腰痛は少し良くなって前々回のかたしな、前回の木島平よりはいい動きが出来たけど、身体が重いのでイメージ通りに身体が動かない。
でも先々週の調子だったら40秒台だったかもしれないので、プチ復活は出来たかな?
このコースなら国体選手から2秒以内にしたいところです。
f0236449_00063170.jpg
それにしても丸沼高原はスノーボーダーが多くてビックリした。
ゴンドラに並んでる9割はボーダー。
ゴンドラコースは斜面がなだらかだからだろうなあ。
f0236449_06384624.jpg
スキーヤーは中急斜面のリフトに多かった。
景品も多くて良い大会だと思うがやはり30旗門は欲しい。20旗門は練習レベルです。

by junzi | 2018-03-26 06:24 | レース・イベント | Comments(0)

野沢温泉はと車カップ3位入賞&DF

結果
ディアバイセラウシュ(ダウンヒル) 3位
大回転 DF

大回転では急斜面でスキーが外れてしまった。転倒はしていないのでスキーが外れた原因はよくわからない。ぼくの中では滅多にないというより記憶にない。もう少し解放値を上げた方がいいのか?
大回転というよりスキーそのものが不調だが、昨日ビデオで滑りを確認して不味いところをフリーで修正してその感覚のままレースに出たので、完走出来なかったのが悔やまれる。

ダウンヒルはワックスの選択は間違いないというか完璧の結果だろう。よく滑って特に前半の緩斜面はゴボウ抜きできた。
f0236449_06150628.jpg

by junzi | 2018-03-19 06:01 | レース・イベント | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
フィッシャーいいですね。..
by あさ at 20:38
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧