銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ: ツーリング( 19 )

宇都宮ジャパンカップ観戦サイクリング

チームでジャパンカップに行こうと言うことで、おきなわなどレースを間近に控えたメンバーが岩淵水門に集合。
ブリーフィングは簡単に宇都宮までノンストップで。
そして7:00出発。
f0236449_22263402.jpg

新4号をメインに走り、俺の一本牽き37-40km巡行で会場10:30到着。メンバーはみな脚が攣ってしまったらしい。途中で追い付き追い越したオーベストさんからも「強い」と。本当に最近は調子がいい。

実はレースはあまり興味が無いので、イベントブースで時間を潰そうと思っていたが「峠でみんなで観る」と言う事になった。
f0236449_22264343.jpg

案の定、誰が誰だか分からない。
顔を知ってるのは別府と新城だけだから当然か(笑)。
もちろんスピードは違いますが、世界レベルの選手のヒルクライム走り方は、あまりうちらと変わらない。 淡々と走る人、苦しそうに走る人、大きく身体を揺らす人など様々。 自転車はその人の性格をよく出しますね〜。
f0236449_22265267.jpg


レース後は宇都宮駅前の餃子屋さんで🍻
f0236449_22265986.jpg

これが楽しみで宇都宮に来たようなものです。
帰りは宇都宮駅から電車。 電車を使えば走って現地で楽しんで早く帰宅出来る。
来年からは輪行を増やしたい。
[PR]
by junzi | 2015-10-19 19:12 | ツーリング | Comments(0)

いわき市一泊サイクリング

数年ぶりの一泊サイクリングでいわき市にいってきた。
震災以来、東北に行ってなかったので、夜は走らずに1日で行ける海街ということで、いわき市に決定。

1日目
6時に出発し、自宅から数キロの地点で幸先良くパンクw。
今年初めてのパンク。パナのインフレーターは使いやすくて5分ほどで修理完了だが、軽量チューブから普通のチューブになったおかげで登りが鈍い。でもレースじゃないから気にしない。
行きは4号線から50号線をつなぎ、笠間市から週末に迫った赤城山ヒルクライムの練習がてら、常陸太田の山岳地帯へ。3つの3〜4級峠にアップダウンの連続は既に140km走った身体にかなり堪えた。

日立市に下ってからは6号線でいわき市入り。6号線もアップダウンの連続で楽しめた。
終始北風で30km以下の巡行速度になることに苦しめられたが、17時着とほぼ予定通り。
駅前のホテルは温泉大浴場、朝食つきで3500圓とリーズナブルでありがたい。

じゅんぢさんの日記21 view
いわき市一泊サイクリング
数年ぶりの一泊サイクリングでいわき市にいってきた。
震災以来、東北に行ってなかったので、夜は走らずに1日で行ける海街ということで、いわき市に決定。

1日目
6時に出発し、自宅から数キロの地点で幸先良くパンクw。
今年初めてのパンク。パナのインフレーターは使いやすくて5分ほどで修理完了だが、軽量チューブから普通のチューブになったおかげで登りが鈍い。でもレースじゃないから気にしない。
行きは4号線から50号線をつなぎ、笠間市から週末に迫った赤城山ヒルクライムの練習がてら、常陸太田の山岳地帯へ。3つの3〜4級峠にアップダウンの連続は既に140km走った身体にかなり堪えた。

日立市に下ってからは6号線でいわき市入り。6号線もアップダウンの連続で楽しめたものの、終始北風で30km以下の巡行速度になることに苦しめられたりも。
17時着とほぼ予定通りに走れた。
f0236449_13444293.jpg

駅前のホテルは温泉大浴場、朝食つきで3500圓とリーズナブルでありがたい。

248km AVGSP26.8km 獲得標高差1800mくらい 。
f0236449_13445954.jpg


・2日目
7時にホテルを出て、6号線をメインに最短距離で帰路に。
しかしこの6号線は浅間サンラインのように本当にアップダウンの連続。
追い風になることが多かったが南に向かっているので、一日中正面から太陽光線を浴びて暑い暑い。そして眩しいからよく路面が見えないことも。
熱中症っぽくなって小まめに休みを入れたが、コーヒーとアイスしか喉を通らない。
それでも予定通り17時に自宅着。
熱いお茶を淹れたら食欲回復。お茶の効果は侮れがたし♪
f0236449_13450127.jpg

228kmAVGSP26.7 獲得標高差700mくらい。

二日間トータル478km
[PR]
by junzi | 2015-09-23 13:38 | ツーリング | Comments(0)

信越6高原ショートライド

乗鞍以降は平地でスピードを楽しんでばかりだったので、久しぶりの山岳サイクリングです。

7時スタート!と考えていたが、眠さに負けてスタート時間は10時になってしまったので、5高原やを最短で走れるルートを選択。ぼくの中では高社山も5高原に入れたいので、斑尾へは高社山経由で行きます。
中野市から高社山山麓の果樹園の中を走る道へ。交通量が少なくきれいな舗装にアップダウンの連続、そして景色の良さでお気に入りの道です。
f0236449_16585482.jpg


千曲川を渡って、飯山市街から斑尾へ。
この道を自転車で走るのは初めて。急で長いイメージだったけど、勾配の変化や景色の良さで、想像以上に楽しいヒルクライムだった。
f0236449_1754020.jpg


タングラム前を下り妙高高原に向かったが、舗装工事をしていて結構長い片側通行のダート。前輪のタイヤがかなりヤバく、今日のサイクリングで交換するつもりだけにヒヤヒヤものの走行でした。
道も全体的に荒れていて、下りがあまり楽しめなかったのが残念。
f0236449_17135520.jpg


関川を渡り黒姫高原へ。すでにコスモスが満開っぽいが、お金を取るので見る事なく、モロコシ街道へ。
やっぱ信濃町のモロコシは日本一美味い!9月いっぱいは食べられるかな?
f0236449_17192524.jpg


ここからは、いよいよクライマックスの戸隠バードライン。
素晴らしい景色に心が癒されると思いきや、ヒルクライムのちアップダウンの構成は一気に脚が削られてしまい、なだかいつも騙された気分になってしまうのだ。
f0236449_17311786.jpg


いいづなリゾートスキー場周辺のアップダウンはまだ何とか脚が回っていたけど、限界に近づいてきた。
ここでも舗装工事でなが~いダート走行を強いられたが、パンクしなくてよかった。
f0236449_17394577.jpg


坂中峠を越えればあとは下るのみ。
途中のアップダウンでついに脚が終わったが、インナーローで何とかクリア。リア27Tに助けられました。
最後は気分良く下って、サイクリング終了。

前輪のタイヤも終了。アルテグラホイールもリムが限界まで削られしまっているので、今日で終了かな?
かなり気に入っていたけど、練習やサイクリング用に次はグレードを落としてRS-21にします。定価1万7000円であのスペックは反則技ですからね。

走行距離129km
AVGSP 23.5km
[PR]
by junzi | 2013-09-18 16:46 | ツーリング | Comments(0)

ぐるっと北信4高原

脚が重い。
万座のダメージで張りが残り、最初の5km平地ウォームアップで予定コースを走り切れるかすこし不安になる。でも今日は、観光でまったり走るつもりなので、軽いギアでクルクル回して進む。

まずは斑尾高原。
スキー場までのヒルクライムはパスだが、麓の豊田村も10%くらいの坂が結構あって脚にくる。
峠を超えて下りを気持ちよく飛ばすと、野尻湖に到着。周回路を走るがここのアップダウンは激しくて走り応え十分。
f0236449_16334488.jpg
長野県トライアスロンのメッカなので、夏はアスリート系クラブの合宿も多い。

次は黒姫。
麓の標高は700mくらいなので紅葉はまだまだ。刈り取られた蕎畑から黒姫山を見ると、紅葉は1000m付近からか?

戸隠バードラインに入り、標高を稼いで行くと木々は段々と色付いてきて、1000m付近になると紅葉のトンネルが出来てた!
この道は本当、最高に楽しい~!
f0236449_16345555.jpg
それだけにバイクや車、観光バスが多いのが難点だけど。

そしてクライマックスの鏡池。
観光客でごった返す中、ようやくパチリ。
f0236449_1636467.jpg

戸隠連峰と里山の紅葉が見事に池に写り込んで、まさに鏡池!
戸隠でお蕎でも食べたかったが、新蕎がもう直ぐなので我慢して、大座法師池の辺でカロリーメイトランチ。

そして最後は飯綱山。
ゲレンデの草刈りは終わっているようで、2ヶ月後のスキー場オープンを待つばかりです。
f0236449_16371264.jpg
今シーズンもお世話になります。

あとはダウンヒルでらくらく帰還。
久々に70kmオーバーが出ました。でも40km制限なので30kmのスピードオーバー⁈

そう言えば、豊田村に小さな手作りパン屋さんがあって、可愛らしい女性が看板を出してた。
今度寄って、ナンパしよう~w

距離98km 獲得標高差1650m
[PR]
by junzi | 2012-10-22 16:37 | ツーリング | Comments(0)

第2回 八ヶ岳合宿

今年2回目のInner-Low並びに新宿スキークラブの合宿に参加。
1回目の6月は車で八ヶ岳に行ったが、思うように走れず物足りない結果になってしまっので、今回は輪行で集合場所に行き走る事にした。
今年初めての輪行だったが、都内の混雑を抜けさえすれば至って快適。

集まったのは八久保隊長とあゆさん、そして僕。
コース設定はあゆさんだけあって、80km3000mの変態サイクリング。
そして3人とも先日の乗鞍はチャンピオンクラスの資格を持ち、しかも18、19、14分とタイムズは均衡しているだけに、ヒルクライムレースまがいの展開になるのは明らかである。
でも想像通りではなかったのが、その斜度。だいたい6〜7%ぐらいで10%越えはそんなにないだろうと思っていたが間違っていた。
特に最初の峠は標高差1200mを越え、中盤以降は10%以上が延々と続き、終いに「14%以上」の斜度標識を見た時は心が折れそうになった。
それでも乗鞍ではチーム内では一番のタイムというプライドのせいで頑張って、峠にはトップで到着。次の2つも後ろからの追い上げを必死に振り切りトップ。
調子はまずまず。

でも僕のタイプは平地向けのルーラー。BMIは平均以上の23。
ヒルクライムではまずまずのタイムを出しているが、それでもエンデューロのような平地の方が断然速い。
初レースの3時間ソロ・エンデューロではいきなり150人中9位。チームエンデューロでは周回ラップもあり、JCRCのSクラス集団には付いていけるくらい。
そんな僕が坂も登れるのには、マラソンの経験とクランクの囁きを足裏で聞くことに尽きる。
それについてはまた後日くわしく説明したいとおもう。



残るは信州峠だけで完全勝利なるかと思っていた矢先、下りでやってしまいました、落車。
ちょっと脇見を瞬間、大き目の穴に突っ込んで、前輪がジャックナイフ状に。左ハンドル側からアスファルトにこんにちは、でした。
車体は、フロントホイールが振れて、ハンドルとブラケットがご臨終。身体は左手指の関節部を中心に擦り傷に打撲と内出血。指の力が入らないためブレーキ捜査が出来ず、ここで無念のリタイアでサポートカーに回収。野辺山駅からひとり帰還となりました。
別荘での高級牛BBQにありつけなくて涙涙涙・・・・。
下りは集中力を欠いては絶対ダメという事を学んだ合宿になりました。

週末の信越5高原ライドまでに身体とバイク、なおるかな(^_^;)
[PR]
by junzi | 2012-09-02 22:49 | ツーリング | Comments(0)

ツール・ド・北信州

7/14【1st STAGE  野沢温泉上の平】

明け方の激しい雨のため、出発時間を10時に遅らせ、ルートは野沢温泉の上の平往復に変更。
長嶺と北竜湖の山岳経由で野沢温泉に入り、メインディッシュの上の平超級山岳に突入。
途中で子グマに遭したり、宿の送迎バスに接触されたり、地震があったりとハプニングの連続だったが、先週から非常に調子が悪かったのが少しは持ち直した感じで一安心。
ゴールのご褒美は野沢菜ソフトクリーム。なかなか美味しゅうございました。
下山したら無性に温泉に入りたくなったので新田の湯へ。
帰りはまた汗だくになったけどサイクリング途中の温泉は意外といけました。

距離117km、獲得標高差約1400m


7/15【2nd STAGE 北信五岳周回】

9/9に開催される信越五岳ロングライドのスタッフの試走会。コースプロフィールは距離120km、獲得標高差2700mの本格的な山岳イベントです。特に戸隠と斑尾は2級山岳と走り応えがあり、イベントの時は個人TTも設定されている。
試走会の方はコースの下見のためスローペースで走り、路面の荒れや異物、交通量、トリッキーなルートをチェック。しかし健脚自慢のスタッフたち、斑尾への登りでは互いの脚力もわかってきているので、峠の入口から無駄話しながら互いに牽制、やや早目のペース。そこでトップ集団は4名に絞られ、1名は俺で他の3名はチームCCC。
そんな調子でしばらく進むが、斜度が緩くなる残り1.5kmとなった所でCCCのK氏が突然「行くか」叫んだと同時にアタック!反応する俺。他の2名は千切れる。一時は10mくらい離れたが徐々に縮まり、残り100mで完全に捕らえる事が出来たが、そのまま2着でゴール。
CCCの人たちがK氏に着いて行けたので驚いたと話しかけてくれた。クラスは違うけど、乗鞍に出るとので再対決が楽しみ。
試走会はスタッフ全員完走し無事終了。いい練習にもなった。
イベント本番は絶対は参加者の一人でも多くが喜んでもらいたい。


7/16【3rd STAGE 志賀高原 二つの頂】

今年一番の暑さが予想されていたので、涼を求めて志賀高原へ向かう。
まずは湯田中からの表ルート。
山麓はオリンピック道路ではなく、夜間瀬川沿いの旧道を選んだが意外や3%くらいの登り。車で走るとフラットに感じたのだけどね。
渋温泉を過ぎて上林温泉に入ると斜度が10%と一気に跳ね上がって、本格的な登り開始。
熊の湯あたりではいったん下るも、渋峠までの25kmは7〜10%の坂がコンスタントに現れてまさに超級山岳。
自分が持っている全ての技術を使い果たして、標高差1750mのヒルクライムをクリアするとそこは2000mの世界。気温は22℃。とても気持ちいい!渋峠のインディ・ジョーンズ君(犬)も元気でした。
一休みしたあと笠岳スキー場まで下って、そこから笠ヶ岳までまたヒルクライム。こちらのルートは交通量が少なく、大自然を満喫できます。
笠ヶ岳から実家まではペダリング不要の標高差1800mのダウンヒル!50〜60kmでぶっ飛ばす壮快感はまさにスキー。これがあるから登っているようなモンですわ。
それにしても下界は長野と言えど暑い!

走行距離101km、獲得標高差2300。
[PR]
by junzi | 2012-07-16 18:38 | ツーリング | Comments(0)

輪行で南房総

朝方まで輪行の目的地を迷っていたが、南房総に決定。JR武蔵境駅から現地を目指す。

実は今年の輪行は初めて。
今年の自転車はレースやトレーニング目的ばかりで、遠方への移動は車を使ってしまっていたが、本来サイクリングというものは鉄道。
A駅で降りて自転車で現地を満喫しながら移動。そしてB駅から帰路につく。それがいちばん楽しめる自転車の乗り方だ。

そんなわけで、南房総での目的は美味い海鮮丼を食べて、フラワーラインを走りながら、きれいなお花と青い空と海を満喫すること。

内房線の各駅に揺られながらルートと食事処を探していると、海鮮丼は富浦のばんごやが良さそう。
http://s.tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12024215/
11時ごろ富浦駅に着いて自転車を組み立て、ばんごやに行く。
注文したのは、海鮮漬け丼。
マグロと鮭の漬けがタップリのっていて780円は安い!

お腹が満足したので、いよいよサイクリング♪
そう言えばこの3連休はツールドちばが開催されてるなあ。と頭に浮かび、最終日の今日のルートを調べてみたら、南房総をメインにステージ最大の獲得標高差1300m110kmのコースじゃありませんか!ちょっと面白そう。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=161d576c98036eea9b13c2cfe3495ee0
館山から白浜の海岸線に出れば、Stage-3の山岳エリアをまるまる堪能できるし、距離も同じくらい稼げる!コース決定。

410号をひた走り白浜に行くも、流石に4時間の時間差もあればコースには誰も走っていない。
でもこれが好都合。
事務局が選定したルートだけあって車も信号も少なく、うるさい指導員もいない。
(参加者じゃないので関係ないが、ツールドちばは指導員を追い抜くななど、かなり規約が細かい)

そして思い切り走れる!
適度なアップダウンと峠はまさに俺後のみのコース!ただ4つある峠は全て峠と言うより物見山か良くて松郷みたいな峠と言うより丘でしたが(笑)。

でも夢中で走っていたら、3/2過ぎた辺りの君津市に入る峠で後方集団についに追い付いてしまった。
峠に四苦八苦している参加者を指導員の方々がサポートしている姿は勉強になったが、集団で爆走トレーニングしている指導員もいた。指導員もそれぞれだけど、俺が勤めた信越五岳の何倍もいる指導員態勢が羨ましい。
それなりに登れる人はぜひ来年の信越五岳のスタッフになってくださいね。ちなみにそちらはこの2倍キツいです。

それから先は参加者も指導員もうようよ。
ツルちば名物のママチャリ高校生軍団も今年もしっかりいて、負けず嫌いな子はダンシングでグングン坂を登って行きます。1万程度のママチャリで50万円のロードを追い抜いて行く姿は最高。自転車は機材じゃないですね~。

参考のためにフィニッシュ地点でサイコンを見ると、AVG30.8kmの3時間半ほどでクリア。

帰りは木更津駅から。
想像以上に乗客が多かったけど、しっかり座ってウトウトしながら帰宅。
それも輪行ならではの幸せです。

電車賃は往復で4000円ほどですが、車よりは安い。
冬はスキーですが、自転車に乗るときはこのルートは大いにありです!
[PR]
by junzi | 2011-10-10 21:39 | ツーリング | Comments(0)

芦ヶ久保トレイルライド

20年前は空前絶後のMTBブームでしたが、10年前に瞬く間に廃れ、自転車の王様ロードが人気復活。それはそれでいいのですが、世界的にはMTBの方が人気があるそうです。
特に29erはかつてのカービングスキーのような新規格を確立して人気集中。XCではこちらがスタンダードになりそうな勢いです。

さて、今日は丸山林道途中から芦ヶ久保に下るトレイルを走りに行ってきました。
素直に大野峠目指しても良かったけど、久しぶりに白石峠も走りたかったので、15kgのMTBでえっちらおっちら35分もかけて上ったが、天文台へも行ってみたくなったのでそのままGO。ここからの眺めはほんと絶景です。
面白そうなトレイルもあったので、次来た時は走ってみたいですね。

そして本日のメーンイベント、大野峠から丸山林道途中で芦ヶ久保に向かうトレイルに入る。
出だしこそ気持ち良く下れたが、芦ヶ久保と秩父に分かれるあたりで様子は一変。40%以上の急斜に木の根や岩の激しい段差、ケモノ道の様に狭く細くなり、オマケに道を完全に塞ぐ倒木が断続的に表れ、押して歩いてばっかり(T . T)
こりゃDHバイクにしっかりとしたスキルを身につけなきゃクリア出来ませんわ。

その後、299から山伏峠を超えて、一般道を走って帰宅。向かい風の時はCRなんてとても無理です。

難易度的には大名栗林道が一番ですね。キツいけど、何とかバイクから降りずにクリア出来るのがいい。
明日はそこに行っちゃおうかな?
でもロードにも乗りたいしなあ。どうしよ。

152km
[PR]
by junzi | 2011-09-17 20:35 | ツーリング | Comments(0)

トトロの森に行く

今では「トトロの森」として有名な狭山丘稜をMTBで久しぶりに走ってきた。
数年前までは一部のマウンテンバイカーしか走っていなかったダートが、今ではシクロクロス、トレラン、ハイカーがうじゃうじゃ。見通しの悪いコーナーは細心の注意と原則が必要。
それでもクロカンの醍醐味を手軽ながらも味わえるコースは健在で、存分に楽しむ事が出来た。

山道の後は南下してこれも数年ぶりの多摩サイへ。
近年の悪評通りで、もはや歩道でした。
実際に走っているロードはちょっと痛いロード乗りばかり。クロスやMTBでたらたら走るにはまあまあですが。。。

乗鞍が終わり、ロードに対するモチベーションがちょっと低下気味。今月はまだ通勤で30kmほど走っただけで、あとはずっとMTBで300km乗っている。いつもの月の逆です。


しまなみ海道をサイクリングしたいだけでロードを買ったのが、いつの間にかスピードだけを追い続けるようになってしまっていた。
結果、ヒルクライムやエンデューロのレースで予想よりいい成績を上げる事が出来たけれど、少しスピードを追い求める事に疲れもでできた。でもMTBでは純粋にライディングが楽しめるのがいい。

スキーもレースばかりでは息が詰まりそうになるので、パウダーランやイントラ、ボードを楽しんでるが、自転車もそれと同じスタンスの方が末永く楽しめそう。
レースは続けて行かないと、そのスポーツの本質を見失うと思うので今では「トトロの森」として有名な狭山丘稜をMTBで久しぶりに走ってきた。
数年前までは一部のマウンテンバイカーしか走っていなかったダートが、今ではシクロクロス、トレラン、ハイカーがうじゃうじゃ。見通しの悪いコーナーは細心の注意と原則が必要。
それでもクロカンの醍醐味を手軽ながらも味わえるコースは健在で、存分に楽しむ事が出来た。

山道の後は南下してこれも数年ぶりの多摩サイへ。
近年の悪評通りで、もはや歩道でした。
実際に走っているロードはちょっと痛いロード乗りばかり。クロスやMTBでたらたら走るにはまあまあですが。。。

乗鞍が終わり、ロードに対するモチベーションがちょっと低下気味。今月はまだ通勤で30kmほど走っただけで、あとはずっとMTBで300km乗っている。いつもの月の逆です。


しまなみ海道をサイクリングしたいだけでロードを買ったのが、いつの間にかスピードだけを追い続けるようになってしまっていた。
結果、ロード初心者が入門アルミバイクで、ヒルクライムやエンデューロのレースで予想よりいい成績を上げる事が出来たけれど、少しスピードを追い求める事に疲れもでできた。でもMTBでは純粋にライディングが楽しめるのがいい。
スキーもレースばかりでは息が詰まりそうになるので、パウダーランやイントラ、ボードを楽しんでるが、自転車もそれと同じスタンスの方が末永く楽しめそう。
レースを止めてしまうと、そのスポーツの本質を見失いかねないので続けますが、しばらくはMTBで遊びたいなあ。
[PR]
by junzi | 2011-09-12 07:05 | ツーリング | Comments(0)

野沢温泉〜志賀高原3Dサイクリング

この一ヶ月、上りが全然ダメ。増えすぎた体重があまり落ちないせいもあるが、足が回らないうえ、しばらくすると頭がボーっとしてきてフラフラし嘔吐感も覚える。

対策として朝食にパンを止めご飯に。水分補給は普通の水に。そして休憩では必ずコーラ。
そのおかげか、まだまだ遅いものの今日は久しぶりにいい感じで走れた。

コースは、須坂―笠岳―(下って)湯田中―北志賀―カヤノ平―上の平―野沢温泉―帰還、の157kmの獲得標高差3,350mで、フラット部は10kmくらいの絶えずアップダウンな超立体コース。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7e02b03dd83371d509d5b98c4c2acbb3

特にカヤノ平から上の平の奥志賀林道は涼しくて秘境感たっぷりで、今日みたい猛暑の時は最高!
下った野沢温泉で足湯に入ってたらまた泊まりたくなってしまいました。

それにしても最低最高とも平年より5度高い日が続くって異常。
気持ちは分かるがコンビニに駐車するときもドライバーさんはエンジン切ってほしい。ガリガリくん食べてても暑いよ。
[PR]
by junzi | 2011-07-17 18:35 | ツーリング | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧