銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今シーズンのスキーイベント予定

風邪で寝込んでます。
その間に今シーズンのスキーイベントをググって、エントリー予定をまとめました。

シーズンインは年末~。
年末年始 クラブ練習会
1/12 SGロシ杯(小海リエックス)
2/3 いいづなリゾート杯
2/9 埼玉県クラブ対抗(木島平)
2/24 アサマ2000マスターズ
3/9 レルヒ杯(キューピットバレー)
3/15 丸沼高原大回転
3/16 はと車カップ
4月高天ヶ原、一の瀬



[PR]
# by junzi | 2018-10-31 21:45 | 競技スキー | Comments(0)

ぶっちぎりで優勝

デュラエースのホイールWH-9000 C24 CLでときがわ町サイクルフェスタの高篠峠ヒルクライムTTで年代別優勝しました。
タイヤはスーパーソニックの20C。
ワイドリムだ、25Cだとメーカーが推奨してる昨今とは真逆のマテリアルです。
f0236449_20380624.jpg
因みに総合優勝の若い人はWH-7900 C24 CL。
雑誌や巷のブログでは、ともに柔らかくて進まないと言われてるシマノのナローリムクリンチャーです。
もちろんヒルクライムは技術と脚力の上積みが一番重要です。でも機材も神経質になるくらい重要です。硬くてワイドなリムのホイールのメリットは何なのか?雑誌やブログの記事は参考にするけど、それ以上のものは無いです。鵜呑みにして使うと痛い目に会います。
ホイール選びは試乗するのが一番です。お金は掛かるけどヤフオクで買ってダメなら売るのも手です。


[PR]
# by junzi | 2018-10-28 20:35 | レース・イベント | Comments(0)

ボーラワンを売ってデュラエースを買う

タイトルまんまです。
売ったのはボーラワン50チューブレス。
買ったのはデュラエース9000c24クリンチャー。因みにヤフオクで送料込みで4.5万円くらい。
f0236449_01134894.jpg
f0236449_01140007.jpg

理由はデュラエースの方が速いからです。しかも9000C24CLはこれで3本目です(←あほ)。これ以外で欲しいホイールはフルクラムレーシングゼロカーボンくらい。しかし定価で30万円です。
安月給でしかももうすぐスキーシーズンと自転車にお金はあまりかけられません。
ホイールに関するブログを読み漁りましたがフルクラムやカンパニョーロを誉める人が多いですね~。ホイールで一番大切なのは剛性でシマノは柔らかすぎて進まない。まとめるとそんなところ。
俺から言わせれば「どんな剛脚なんだ?!」です。
でもね剛性と言いながらポタリング派だったり、ヒルクライムでも俺より全然遅かったりで、あなたに剛性必要ないでしょと言ってやりたい。まあそんな俺でも40km以上で1時間巡行するなんて無理で、デュラエースで35km前後、ボーラワンでも38km前後です。
あれ、さっきデュラエースの方が速いと書いてなかったっけ?
はいその通りです。
確かに平地はボーラワンの圧勝です。
でも俺は山に行きます。ヒルクライムにも出ます。平地の性能は大事だけど坂の性能をより重視します。ボーラワンを買ったのはデュラエースクリンチャーとほぼ同じホイール&リム重量なのでヒルクライムが同等、でも平地はボーラワンが速いのが理由です。
しかし実際は坂の性能はデュラが圧勝でした。
標高差200mの10分程度の登りテストではデュラが30秒も速くて圧勝。また檜原ステージでは昨年ボーラ今年デュラで出たが、デュラが3分以上も速かった。
デュラのリム重量は360g~380gだ。クリンチャーでこの軽さは圧倒。ワイドリムでは今のところ不可能な数字だ。さらに15cなので軽量な23c、さらに計量な20cのタイヤが履けるのである。
近年ほとんどのメーカーがワイドリム化した。15Cでも何の問題もなく25Cタイヤは履けるのに、空気抵抗と言う理由で。そして23Cタイヤは履けなくした。背景にはプロレースでの使用があるが、アマチュアにメリットはほとんど無い。
ロードバイクが売れない、なら規格を買えよう。そうすればユーザーは買わざるを得ない。ホイールメーカーとタイヤメーカーの思惑が一致するのは当然の帰結である。
15Cクリンチャーはシマノが孤軍奮闘で発売しているが、いつワイドリム化するか分からないし、タイヤも23Cがラインナップから消えるかもしれない。そうなれば25Cを履くしかないが、逆に25Cが普及した頃を見計らってナローリムのホイールが復活するかもしれない。
何種類もホイールを出すなら、サイズもユーザーに好みのサイズを選択できるように色々なサイズを出して欲しいのだが。


[PR]
# by junzi | 2018-10-26 01:08 | うんちくマテリアル | Comments(0)

ヒルクライムは技術か体重か機材かパワーか

経験から順位付けすると、
技術→パワー→機材→体重ですね。
でもその人のレベルによって順位付けは変わります。体重100kgの人なら先ずは体重を減らさないとダメだし、すでに最高レベルの機材を持ってれば必要ない。
でも例えば運動好きな高校生と運動不足のメタボおやじ、そのどちらも同程度に必要なのは技術とパワーになりますね。

技術が一番最初なのは、パワーと体重は後から必然的に付いてくるものだからです。
技術を付けるためには毎日のように練習しなければなりません。毎日漕いでれば黙っていてもパワーは付いてきて、体は絞れてきます。
技術と言ってもポジション、ペダリング、ギヤチェンジと様々です。特にポジションは最重要。これが出来てからペダリングですね。
ペダリングは円運動ですがこれが難しい。ペダリングモニターでチェックするのが良いですがチェックはチェックで上手くなるわけでは無いです。技術を付けるための練習方法は様々。自分で勉強して見つけて練習するしかないです。
この練習方法についてはまた書きたいと思います

[PR]
# by junzi | 2018-10-08 23:18 | トレーニング | Comments(0)

赤城山一週間前の追い込み

連休の日曜日は白石峠TT、月曜は堂平山をメインに周辺の峠を走って標高差を稼いで登りの筋肉を刺激した。
f0236449_17291636.jpg
練習前にタイヤをパナレーサーのジラー23Cにチェンジ。赤城山本番ではより軽量のコンチネンタルのスーパーソニックを使うが練習でもそれに近い重さのタイヤを使用して走りのコツをつかみたかった。
ジラーの実測重量は155g、チューブは50gで合わせて205gと並のタイヤより軽量。そのせいか実力か分からないが、白石峠のタイムは28分30秒くらいだった。今年のベスト。
因みに圧は9barが一番良かった感じ。流行のワイド低圧とは真逆です。

月曜の走行は物見山から横松ー定峰経由で堂平山ー新横松ー物見山三段。計算上の獲得標高差は1500mくらい。ストラーバだと2500mくらいになりそうなので騙されないため使用せず。
2日間の獲得標高差は2500mも行かない位で例年の一週間前の追い込みに比べると1000m以上も少ない。
それを補うために水曜日にでも1時間くらいローラーするか?
気力があればだけど。


[PR]
# by junzi | 2018-09-24 16:22 | トレーニング | Comments(0)

中華サイコンsuaokiを買った

街乗り用にフラットバーロードに改造したトレック1.2にはキャットアイの有線サイコンが着いていたが、汗で接触不良を起こしてしまい使えなくなったままだったので、Amazonで中華サイコンSuaokiを注文。通常は2500円前後だけどセールで1700円。これでケイデンス付ワイヤレスだから通常価格でも1万円以上はするキャットアイと比べれば爆安です。日本企業が中国に敗北を続けているのが分かる気がします。
f0236449_22544112.jpg

取付けはキャットアイより簡単で、設定も簡単だった。
同調させるのに手間取ったが、一端電池を抜いてリセットさせたら出来た。まあ基本的にはキャットアイと設置と設定は一緒です。

今のところ動作には問題ないですが、精度、耐久性はある程度の距離を乗ってみないと何とも言えないでしょうか。価格的に1年問題なく動いてくれれば良しでしょう。

サイコンは進化していますが、個人的にはスピードとケイデンスだけで十分です。社会人レベルならそれだけで勝てるトレーニングができると思ってます。パワーとかペダリングモニターとか要らんです。




[PR]
# by junzi | 2018-09-02 22:46 | うんちくマテリアル | Comments(0)

赤城山ヒルクライム仕様に

赤城山ヒルクライムまであと1ヶ月。来週までに自転車をヒルクライム向けにしないと。
と言っても基本的には普段の機材ですが足回り中心に替えます。

チェーンとBBは新品に。
スプロケ歯数は本来なら25tが目標とするタイムに合うが、保険で28tのまま。高回転維持は息がキツいので基本的には封印。使用するとしたら終盤の10%坂のみにしたい。

ホイールはシマノのアルミクリンチャーが俺の走りに合ってるので、デュラC24の2セットともタイヤ&チューブを替えてひとつはコンチのスーパーソニック20C+CST超軽量(決戦用)合わせて188g!坂は抜群に速いが普段は怖くて使えないので、もうひとつはパナレーサーのジラー+CST軽量(練習兼予備)合わせて230gに。
普段の走行はボーラワン50を1年ぶりに引っ張りだすか(笑)。

サドルは高さは変えずに限界まで前に出して2℃前下りに。
ハンドル全体に2℃しゃくる。
あとペダルもLOOKの新品を買ったので替えないと!

[PR]
# by junzi | 2018-08-26 18:37 | うんちくマテリアル | Comments(0)

お盆ライドまとめ

1日目
上田市~長和町~白樺湖~ヴィーナスライン~長和町~上田市
f0236449_15123518.jpg
2日目
湯田中~渋峠~万座~須坂
f0236449_15135472.jpg
3日目
小布施~笠岳~小布施
f0236449_15145493.jpg
4日目
佐久市ー大河原峠~佐久市
f0236449_15163134.jpg
5日目
自宅~物見山往復

最終日を除き、標高差1500mクラスの峠を毎日登ってヒルクライムを強化。
体重はそれなりに減ったけど速くなったのか?
赤城山で今週末もタイムアタックして成果を出せればいいな。


[PR]
# by junzi | 2018-08-15 15:10 | トレーニング | Comments(0)

ブリヂストン R1Xは期待外れ

昨年にバーゲンで買っておいたブリヂストンR1Xを7カ月寝かせて今年の6月から使っているが、もう使いたくない。バーゲンと言っても2本で8000円なのでダメになるまで使うと思いますが。
重さは23cでカタログ値より2本とも軽い。重いのは検査で除いてるのだろう。
ライバルと言えるパナのレースLが乗り心地が良くて走りも軽いのでお気に入り。でもR1XはレースLとは対照的なシロモノだった。
まずダメなのは細かい振動まで拾う。荒れたアスファルトでは手が振動でハンドルから滑るくらいだ。
こんなに暴れてはやはり走りも重く感じる。実際、峠のタイムは約1割遅くなっている。これでは本番のレースでは使えない。

[PR]
# by junzi | 2018-08-04 21:01 | うんちくマテリアル | Comments(0)

ヒルクライム練習で重要なこと

今日は山岳練習で北信五高原を走ってきた。
f0236449_21320118.jpg
斑尾高原、妙高高原、黒姫高原、戸隠高原、飯綱高原。
125km獲得標高差2500m。
やっとまともに走れるようになった気がした。
俺の中でまともに走れる最低の条件は10%の坂を10kmで走り続けられ事。仮に10kmのコースなら60分掛かるのであまり速くないです。レース強度なら12km以上で走らないと。
体重は相変わらずだけど、少し復活したのはズバリ、ケイデンス。
ケイデンスの重要さを忘れていた。
ヒルクライムは丁寧なペダリング(=ペダリング効率)と85rpm以上を意識した練習が必要なのだ。これは平坦では上手く練習できない。平坦でいくら早く回しても坂となると回せられないのは使う筋肉が少し違うから。もちろん平坦でも早く回すことは重要だ。
なぜヒルクライムでも高ケイデンスが必要なのか?
一番は筋肉に負担を掛けないため。
一時間以上のヒルクライムで後半失速しないためには「軽いギアで早く回す」が絶対。軽いギアで早く回してもスピードが出ないと思っている人がいるが、例えば34-28の90rpmで走ったスピードは何キロですか?このギア比は10%の坂で使うのが俺の中での前提。
そう10%の坂を34-28の90rpmで走れれば年代別入賞が可能なタイムなのだ。だからこれ以上大きいスプロケは使わない。使ったら負け。
仮に12%以上の坂が延々と続くヒルクライムレースがあったら30tも考えるけど。
そして高ケイデンスはドラフティングがしやすい。前の人が加減速しても着きやすい。
あとは腿上げのストレッチを忘れないようにしよう。


[PR]
# by junzi | 2018-07-14 21:30 | ロードバイク技術 | Comments(0)

今年2回目の白石峠

先週は38分、今回32分。
次は30分切りたい、いや切るのだ。

[PR]
# by junzi | 2018-07-09 12:52 | Comments(0)

ハン・ソロ スターウォーズ ストーリーの興行成績

「ハン・ソロ スターウォーズ ストーリー」の興行が不振と報道されている。全米公開から1ヶ月経ち、興行収入はやっと2億ドルを超えた。全米での最終的な興行は2億2000万ドル位だろう。
この数字をどう捉えるか?
ここ3年以内の2億2000万ドル前後の映画を並べてみよう。
「オデッセイ」2億2800万ドル
「ファンタスティックビースト」2億3400万ドル
「ドクターストレンジ」2億3200万ドル
「ジャスティスリーグ」2億2900万ドル
「ローガン」2億2600万ドル
「ワイルドスピード 8」2億2600万ドル
「リメンバーミー」2億1000万ドル
うん、話題作がズラリ。日本でもアメコミ以外は大ヒットしているものばかりだ。
ではなぜ「コケた」と言われてしまうのか?
一番の理由はスターウォーズだから。
アメリカでの映画館の値上げは凄まじく、平均入場料金は日本と差がなくなって来ている。ディズニー配給になってからのスターウォーズは「フォースの覚醒」の9億3000万ドルを筆頭に最低でも「ローグワン」の5億6000万ドルとFOX時代の倍を売り上げてきた。だから「ハン・ソロ」も5億ドルくらいを当初は見込んでいたと思う。その証拠が制作費で2億5000万ドル。全米で5億ドル売り上げれば赤字にならない。海外からの収入は全て黒字になる。
ところが世界配収でも4億ドルくらいだから最低でも5000万ドルの赤字。ビデオや配信、関連商品の売り上げで最終的には黒字になると思うが、それは並のヒット作の在りかただ。
スターウォーズは特別でなければならない宿命にあるので、これではダメなのだ。現に過去のスターウォーズはその年の興行収入ナンバーワンがほとんどで、「クローンの攻撃」のみ「スパイダーマン」に首位を奪われたがそれでも2位だった。「ハン・ソロ」の数字は今年ヒット作10位に入るか否かので、これではスターウォーズである意味がない。
ではなぜお客さまが入らなかったのか?
「フォースの覚醒」の次に公開されていたら5億ドルは越えていたかもしれない。ハン・ソロは死んだけど、若きハン・ソロとなってスクリーンにカムバック!それに「フォースの覚醒」の多くの謎の答えがあるかもしれないしね。
でも「最後のジェダイ」のあとでは。
「最後のジェダイ」は「フォースの覚醒」の答えを全て出した。しかもファンの期待や予想を意図的に大きくずらす形で。だからスターウォーズに興味を失ってしまったのだ。そこにあの予告編ビジュアルだ。新しさが何もない。新しさが無いのにハン・ソロと関連が強いはずの敵であるジャバザハット、ボバフェットが出てこなさそうだ。ハリソン・フォードじゃないしカノンとの関連は薄そうだから、あまり興味が湧かないな。
これが正直な気持ちであり、理由だと思う。
ハン・ソロの続編でそれらお馴染みの敵キャラは出すつもりだったかもしれないが、遅かったと思う。

帝国の命令でハン・ソロはタトゥーイン攻撃を命じられたが、ポッドレースで勝てば大金が入ることを知りレースに出るが、親友ランドは他のパイロットに掛けており、しかもランドの貧しい両親のため博打だと言うことを知り、わざと負ける。ランドは大金持ちになるが、お礼に愛機のfalconをハン・ソロに渡す。
わざと負けたことを知り激怒するジャバザハットはハンソロを処刑しようとする。そのとき帝国の攻撃が始り、そこで恋人を失ったハン・ソロは復讐のため、ジャバザハットたちと協力して、帝国を撃退するのだった。
というストーリーを考えたけどどうですかね?

[PR]
# by junzi | 2018-06-25 20:49 | うんちくマテリアル | Comments(0)

前輪後輪シッチャカメッチャカでも快走

f0236449_20052182.jpg
自転車を整備した。
前輪はアルテグラホイールにタイヤはブリヂストンR1X。
後輪はデュラ9000クリンチャーにタイヤはマビックイクシオンの前輪用。
まあ、元々前輪、後輪を同じホイール、タイヤで走ることは少ないんです。全く同じホイールタイヤなのはボーラワン50にコルサCX3とデュラ9000にスーパーソニック。ともにレースの時くらい。

なぜがちゃぽんなのか?😍
それは・・・
面倒くさいから、片方のホイールしかないから、タイヤがダメになったから。性能上と言うのはないです。ちょっとは考えるけど。

前輪がそれの理由はデュラの前輪はヒルクライムオンリーにしか使わないから(後輪はレース用と練習用の2本ある)。
前タイヤだけR1Xなのは軽いから(実測175gと優秀)。それと後輪も代えるのがもったいないから。その後タイヤがマビックの前輪用の理由は余っていて使ってないから、グリップがいいらしいから、205gとそれなりに軽いから。

そして実際に標高差500mのヒルクライムレースを含むコース130kmを走ってきました。
結果は問題なし。速さもいつも通り。ヒルクライムもいつも通り。


[PR]
# by junzi | 2018-06-18 20:03 | うんちくマテリアル | Comments(0)

トランさんへの差別

ローズ・ティコに関して批判的なブログを書いた直後にそれを演じたトランさんへのファンからの個人的な攻撃が明るみになりニュースとなった。
f0236449_02570594.jpg
複雑な思いだ。
世の中で一番嫌いなのは人種差別だ。
スターウォーズファンの中にそんなダークサイドな奴がいるなんて悲しい。
トランさんを批判したがそれは演技力(+運動能力)だ。
批判されるとしたらキャスティングしたライアン・ジョンソンをはじめとするルーカスフィルムだ。
主人公レイは余りにも正統な美人だ。ローズはその全てが対極にある。映画が進むに連れて劣等人種に見えてくる。同じ東洋人として見ていてこれはかなり辛い。
もちろん製作サイドにそんな意図は無いだろう。ライアン・ジョンソン監督の言葉を借りれば「普通の人でもヒーローになれる可能性を描いた」のだろう。でも完全に失敗している。
そのテーマを追及するならレイなみの白人系美人(=エマ・ワトソンやリリー・テイラーなど)を当てるべきだった。

エピソード9では役者としての成長を願うばかりである。


[PR]
# by junzi | 2018-06-09 02:54 | 映画の感想 | Comments(0)

最後のジェダイのローズについて

「スターウォーズ 最後のジェダイ」のローズ・ティコが嫌いだ。
俺の理由は簡単でフザケてるとしか見えない。
f0236449_22222079.jpeg
映画そのものは素晴らしかった。
マスターピースな「新たなる希望」「帝国の逆襲」に次ぐ面白さだった(「シスの復讐」とイコールかな?)。
巷で言われてるブサイク、デブ、必要性がない役だからではない。
ただ単純に演技力がない、運動音痴だから。
例えば女性版「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシーで一番好きな映画は「デンジャラスバディ」。メリッサマッカーシーの方が圧倒的にブスでデブなのに不快に思った映画はない。相当なアクションの「デンジャラスバディ」を見ても動きがよくて演技力もあるので映画に説得力があった。
f0236449_22220022.jpeg

でもローズにはそれが全くない。
走るときは腕を肩の辺りにあげて揺らし、足元を見るなんて動きはデブのそれそのままだ。ストームトルーパーに一発で殺られるレベル。それなのにキャプテンファズマのブラスターを瞬時に避けてしまう。嘘っぽさ満開。
軍人に変装した時の様子は目を覆い隠したくなる酷さ。頭が大きいからか帽子が斜めに乗っかっている。
コスプレファンの方がずっとビシッとしてる。
f0236449_04111575.jpg
ローズが出るシーン全てがそんな有り様だから、映画を観ていて段々イライラしてくる。
極めつけはフィンへの体当たりと💋。
レジスタンスはローズのものか?
断っておくが特攻精神の否定はこの映画の中では重要なテーマなので良いのだが、説得力がない大根役者に言われたくないのだ。

「スターウォーズ」シリーズは夢物語なのだ。
ライアン・ジョンソン監督は自身をローズに投影したと言ってるが、素人役者は必要ない、むしろ不快。
スターウォーズにリアリティを持ち込みたいなら他にあったでしょ、と言いたい。

[PR]
# by junzi | 2018-06-04 22:04 | 映画の感想 | Comments(0)

スキーフォーラム

行く予定は無かったけど、原宿に用事があったついでに覗いてみた。
やっぱりつまらない。
参加メーカーが少ないのにその参加しているメーカーも展示のたまがどこも少ない。
気を取り直してHEADのブーツを履いてみる。意外なほど良かった。ブーツに粘りを感じる。選手用だったけどアタリはなく、大きくいじる必要ないなと思った、
サロモンのブーツを履いてみたかった来たのはアメアはアトミックだけ。
入荷が遅れてるのかな?
f0236449_18455730.jpg

[PR]
# by junzi | 2018-05-27 18:28 | スキーその他 | Comments(0)

スキー映画を観た

「モリーズゲーム」
あのジェレミー・ブルームの姉さんのお話で、姉さんも凄いスキー選手だったとはこの映画で初めて知りました。
家庭環境もしっかり描かれていて、やはりスキー競技をさせる家庭はエリート。そして教育は凄まじく厳しい。それが選手として挫折し、ロースクールを首席で卒業しながら、カジノ経営から違法な経営に手を出した経緯が緻密に描かれていて、エリート家庭と父親への反抗という動機は「アイ、トーニャ」と少し似ているのが興味深い。
ウィンタースポーツは子どもが自発的にというより、親にやらせられる感が強いのはアメリカも同じですね。
低予算の独立プロの作品(と言っても日本の大手映画会社の10倍以上の製作費)ではあるけど、モーグルシーンは圧巻です。
f0236449_20471647.jpg
f0236449_20472501.jpeg

[PR]
# by junzi | 2018-05-20 20:44 | 映画の感想 | Comments(0)

スターウォーズ エピソード9 予想

最新作「最後のジェダイ」が絶賛されたのですが、一部の人が酷評してますね。でも酷評しているのは30代が中心。すなわちエピソード1~3をリアルで体験した世代なんです。「こんなのスターウォーズ」じゃねえ!ってアホかと思える意見。
じゃあ何がスターウォーズなの?そいつらは「ローグワン」らしい。俺からすれば「ローグワン」は最低だった。新しいものがない退屈で破錠したストーリーと魅力ないキャラクター。
これこそ俺から言わせればスターウォーズらしくない。
スターウォーズらしさとは失敗を恐れぬ新しさへの挑戦なのに。

本題。それではエピソード9の予想です。
スターキラーが破壊されスノークも死にファーストオーダーは弱体化。レジスタンスに至っては数百名しかいません。これでは壮大な宇宙戦争と言うより局地戦。
そこに新たなる敵が現れます。
ダースを名乗り、新しい軍隊を作り上げたそれに対抗

[PR]
# by junzi | 2018-05-20 12:06 | Comments(0)

銀幕の話題

今年1月~封切られた映画は今日までで15本観ました。ちょっと少ないかな?スキーに行きすぎて見過ごしてしまった映画が多々ありますから。
洋画ばかりで邦画は1本もなし。邦画はアニメか低予算の中高生向けラブストーリーばかりで、実際週間チャートで邦画実写映画はほとんどランクされなくなっていますね。アニメばかりです。

洋画ですが、15本観て外れはほとんど無し。すごい充実ぶりです。まあ事前情報である程度は分かりますからね。
そして現時点でのベストテンを上げます。
1 リメンバーミー
2 スリービルボード
3 ブラックパンサー
4 レディプレイヤー1
5 ダンガル
6 ジュマンジ
7 君の名前で僕を呼んで
8 ペンタゴンペーパーズ
9 ウィンストンチャーチル
10 レッドスパロー
次 グレイテストショーマン

4位までは今年を代表する映画になるでしょう。特に「ブラックパンサー」はアフリカ文化を完全に描きながら見事なSFとして成功した非常に新鮮な映画で、後世に語り続けられるものになるはずです。
アカデミー賞作品賞を取った「シェイプオブウォーター」は肌に合わなかった。「アベンジャーズIW」は確かに面白いけど評価は続篇次第。予想通りの展開になったら❌ですね。

[PR]
# by junzi | 2018-05-13 20:35 | 映画の感想 | Comments(0)

物欲!来期モデル

6月になるとICIの展示会が始まりますね。ICIでは買ったことないし店員も知らないので展示会に行きません。
でも各小売店もICIに合わせて展示会を開催するのでICIの影響力は無視できないと言ったところでしょうか。
俺も来期のマテリアルについて考えなくてなりません。
欲しいのは
GS・・・アトミックG9RS
同モデル使用中ですが気に入ってるので2台体制にします。サロモン2V以来の暴挙?
小回り・・・アトミックS8i
サードグレードですがレッスン用兼プライズテスト用としてこれで充分な性能。
ブーツ・・・サロモン130
使用中のドーベルマン110を上回る感触だったら。

アトミックGSは予約しましたが、あとは未定です。全部買ったらスキーに行けなくなっちゃうしね。

同時に古い道具も処分したいですね。
HEAD GS183cm R27
サロモン GS186cm R27
サロモン GS184cm R不明(古くてほとんどエッジが無いので1000円)
アトミック GS190cm R35(BIN無しのため3000円)
HART GS 188cm R27
フォルクルSD 160cm R12
の6台!
欲しい人いるかな~?
馴れないヤフオクか、それとも万代書店に売るかしないと。

[PR]
# by junzi | 2018-05-12 18:01 | うんちくマテリアル | Comments(0)

コブ◎

野沢温泉でのスキー合宿は3日間スラロームだった。
f0236449_04524474.jpg

スラロームは大会に出ないのでハイシーズンは全く練習しないのでGWのスキー合宿だけ。
しかし今シーズンは雪が少ない影響で3日間スラロームだったので練習日数はGSと同じになった(←レースやってるのにどれだけ練習少ないのかwスキーなめてます、ハイ)。
順手、逆手間に合わず、身体や頭でポールを受けたことも何度か。前歯が折れなくて良かったよ。チンガード買おうかな(あそこのチンはガード不用)。
そんな合宿の合間にテクニカ希望のクラブ員を誘ってコブへ。
f0236449_04512539.jpg
その時は自分でもビックリするくらい上手く滑れた。
履いていたスキーはやや柔らかいフィッシャーのSLセカンドモデル。
SL練習では深いバンクが出来ていたが競技なので縦の滑りが必要。
その2つの要素が上手く噛んだ滑りがコブの中で出来たようで、仲間からも「上手い!」と誉められた。
よし、この感覚でテクニカル受験しよう
(だからシーズン終わってるって)



[PR]
# by junzi | 2018-05-10 01:30 | スキー技術、基礎 | Comments(0)

スキー場での食事

いわゆるゲレ食は1000円~1500円ですね。
スキーに行く回数が多い人にとってはかなりの出費になります。それでコンビニ弁当を買っておいて車の中で食べる、ポットを持ってきてカップラーメンの人もいますね。
僕の場合は車の中では食べないです。だって車キライだし疲れが取れない。でもゲレ食も滅多に食べない。
じゃあどうしてるの?
答えは簡単、食べない。
スキー学校にいるときはしっかり食べますよ。レッスンが入れば無料だし、レッスンが無いときは格安でカツ丼とか食べれますから。
でもフリーや練習の時は食べない。仲間の人も食べないのが普通。
無料休憩所で飲み物とお菓子やパンを口にすれば充分なのです。練習の時は大抵13時、遅くても15時までには上がるので、お腹が空いてれば帰りの車の中でコンビニのパンとか牛丼屋に寄ります。
裏技を期待して読んだ方、ごめんなさい。

でも最後に志賀高原のゲレ食を紹介します。
場所はサンバレーの某ホテル(実質1ヵ所だから全然某になってないw)はカレーライスが600円など、ほとんどのメニューは街中と変わらない価格で食べられます。お菓子やジュースも普通のお値段。しかもちょっと奥に志賀高原横手山の割引券が置いてあって価格は食事つきで2000円。春スキーシーズンに活用させてもらってます。
野沢温泉では長坂駅周辺のお店がおすすめ。スカイラインをお昼前にダウンヒルして行きましょう。どこも1000円程度以内でそこそこのものが食べれますから。
まあビッグゲレンデはどこも上より下が安くてゆっくりできますね。

[PR]
# by junzi | 2018-05-10 00:54 | スキーその他 | Comments(0)

遅い理由

写真は今シーズン最低レベルのリザルトだった横手山大回転のものである。
f0236449_12365975.jpg
次は優勝したNさん。
f0236449_12373610.jpg
たまたま同じ所を撮られていたので非常に参考になる写真だ。

一目瞭然なのは雪けむり。
俺のが盛大に上がっているのに対してNさんはほとんど上がっていない。
そしてNさんはスキーがパラレルになっているが、俺はシューレン。
Nさんの上体はスキーの進行方向にあるが、俺は外向になっていてスキーとは別方向。
遅いのは当たり前である。
道具がいくら完璧でも無意味。
固いバーンの急斜面ではあまりタイム差がつかないが柔らかい雪や緩斜面ではブレーキスキー。
シューレンになっているのはターン前半に後傾の強いエッジングでスキーを曲げようとしているが曲がらないので内スキーでラインを補正しているのだ。
ターン前半はセンターに乗り、基本的に加重ゼロである。センターに乗ることで荷重すればスキーは自然に曲がるので減速要素が少ないターンができる。
内足をもっと畳み込んで外スキーに体重を多く乗せる運動も必要だ。
次のスキーではその点を意識して滑ろう。

え?もうスキーシーズン終了なの?
カビーン。

[PR]
# by junzi | 2018-05-08 12:35 | スキー技術、基礎 | Comments(0)

今シーズン総括 スキー場篇

今シーズンは46日滑走と3番目に多いシーズンとなりました。
特にホームゲレンデを持たないのですが、5日以上行ったスキー場は、
野沢温泉
戸隠
戸狩
小海リエックス
志賀高原

かろうじて志賀高原も5日行ったけど内4日はポール練習とレースのためでリフト券が格安または無料だから。あと1日も先日の早朝。もう志賀高原はリフト価格に見合った魅力は無いです。
人工雪は飽きるのですが、小海リエックスはアクセスが良くて経営努力がすごく感じるので特にシーズン初めは通いました。
丸一日飽きないで楽しめるのは野沢温泉と今シーズンは行かなかったけど白馬五竜47ですね。上手くなりたいなら戸隠が一番でしょう。

来シーズンは基礎とフリーは戸隠、ポール練習はかたしな高原と牧の入を中心のつもり。滑走日数は大きく減るので、とにかくフリーでもポールでも良いレッスンを受けて効率よくスキーをしたいと思う。
f0236449_13160841.jpg

[PR]
# by junzi | 2018-05-06 12:49 | スキーその他 | Comments(0)

SLスキー試乗タイムテスト

f0236449_23575209.jpg
乗ったのは、
オガサカ
サロモン
フィッシャー
ヘッド
だけ。
ハート、フォルクルも乗りたかったが、バテたので諦め。
フィッシャーとヘッドは安定感はあったけどタイム的には今一。
オガサカは暴れたけど一番速い。
サロモンは安定性と操作性の良さがタイムに現れて、乗った中では一番良かった。
でもSLは買いません。練習するだけでレースには出ないですから。

[PR]
# by junzi | 2018-05-06 11:38 | Comments(0)

野沢温泉は雪たっぷり

5/5の野沢温泉スキー場は完璧でした。

晴れて気温もあまり上がらず、
整地バーンは1000m以上のロングコース3本ともよく滑りスピードに乗ったターンが楽しめた。
f0236449_04494540.jpg
f0236449_04500648.jpg

コブ斜面は溝もほとんど土が出ず、いい練習になった。
f0236449_04512539.jpg

もちろんポール練習の効率は最強。バーンの雪の厚みはたっぷり。
f0236449_04524474.jpg

おまけに揚げたての山菜天ぷらが食べ放題だ!
f0236449_04543704.jpeg

あまりに素晴らしかったので、今シーズンはこれでおしまいにします。

かぐらは劇混み&ゲレンデまで駐車場から1時間。
白馬、アライはコースが短い。
志賀高原は論外。
野沢温泉スキー場が勝ちのGWでした。


[PR]
# by junzi | 2018-05-06 04:47 | スキー場 | Comments(0)

5/4野沢温泉 SL練習&スキーテスト

昨日は晴れ予報だったのに午前中は濃霧と小雨であまりスキーにならず。
そしてお昼ごろはなんと大雪に。
f0236449_23510366.jpg
でも午後からのSL練習は雪が止みました。
f0236449_23520870.jpg
SLは大会に出ないので、シーズン1~2回の練習のみ。当然それでは上達は望めませんが、基礎やGSにつながる練習になるのです。
でもSLだからタイムは意識しますよ。
各メーカーのSLが試乗用に揃いましたが、オガサカが乗りやすくてタイムも速かった。SLは何年も前からいい感じを得ていたのですが、タイムでそれが実証された形です。
f0236449_23575209.jpg



[PR]
# by junzi | 2018-05-04 23:48 | トレーニング | Comments(0)

5/3野沢温泉

やまびこゲレンデ、小毛無コースともにほとんど土が出てなく全コース快適滑走!
バーンも雨風&ポール練習に耐えた。
これでGW後半も大丈夫だろう。
f0236449_15232419.jpg

[PR]
# by junzi | 2018-05-03 15:19 | レジャースキー | Comments(0)

5/2の野沢温泉

写真は野沢温泉の宿の人が撮ったものです。
やまびこゲレンデはまだ土が出てないとか。
さすが野沢温泉!
f0236449_23492621.jpg
f0236449_23493777.jpg

[PR]
# by junzi | 2018-05-02 23:48 | スキー場 | Comments(0)

GW二日目は奥志賀高原 早朝~午前

異常なほどの高温が予想されたので奥志賀高原の早朝に出撃。朝6:00スタートなのでスキー場まで1時間とみて4:30に家を出る。
山麓の湯田中あたりは6℃の表示が出ていたので奥志賀は氷点下か?と期待したけど2℃くらい。それでもゲレンデは十分締まっていた。
f0236449_20041834.jpg

早朝が終わる8:00くらいになると雪はかなりゆるみ、整地バーンはかなり荒れてきた。
セブンイレブン100円おにぎりを食べながら滑るか否かを考えていたけど答えが出ないので4時間券を買ってしまった。滑らないで後悔するより、滑って後悔する方がいい。
でも結果は滑らない方が良かったかな?
志賀高原のほとんどが壊滅的なので奥志賀に集中したか、どんどん人がくる。リフト待ちはないけど、ゲレンデはスキーブームの時の八方尾根リーゼンコースを思わせる人人人。
急斜面は大きなコブが育ち、雪は薄いから地面が見えてしまうところがあちこち。お陰で板をやってしまった(TT)
唯一楽しめたのが第4のコブ道場。
雪はたっぷりでパターンが違うラインコブが4レーンあって斜面は緩いので、SLのつもりで滑る事ができた。そして滑るのを後悔したと言いながら、リフト券有効時間目一杯すべるのであった。

昨日の野沢温泉が良かっただけに、今日の奥志賀高原のコブかストップスノーは辛かった。GWは1000m以上のコースが4本ある野沢温泉が一番。快適な中斜面主体でコブもある。半日券があるのも嬉しいですからね。





[PR]
# by junzi | 2018-04-29 17:17 | レジャースキー | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
がんばれ〜
by 名無し at 08:06
プロフにフルチューン7,..
by エンゲマル スッテンコロリ at 21:48
藁をもつかむ思いといった..
by ぎんさん at 21:28
本日カーボンフレームにカ..
by しばけん at 18:03
カーボンシートポストが折..
by いくさん at 11:13
サイクルメンテナンス ..
by junzi at 22:27
アルミフレームなら折れた..
by junzi at 22:15
突然のコメント失礼します..
by いくさん at 13:36
直進だけなら25cがいい..
by junzi at 23:23
せがれが通学に利用するに..
by TBCコジマ at 00:56
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧