人気ブログランキング |

銀銀銀(トリプルシルバー)ダイアリーズ


銀輪、銀世界、銀幕と三つの銀にまつわるブログです。レジャー兼アルペンスキーヤー、ロードレーサー、ハリ(ボリ)ウッド映画を愛する男
by junzi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

虹の掛かるゲレンデ

週末は黒姫高原といいづなリゾート。ともに車で30分ほどで、子ども頃から行ってるホームゲレンデ。

黒姫高原は生まれて初めて滑ったスキー場。そのころとゲレンデレイアウトは全く変わっていません。
雪質は長野県でもトップクラスの雪質。手前の妙高でたっぷり重たい雪を落としてからのサラサラパウダーが黒姫高原に降ります。
程よい長さの急斜面、中斜面、緩斜面がバランスよくあるお陰で基本練習には最適。ボーダーよりスキーヤーが圧倒的に多くマジメな基礎スキーヤーが多いのだけど、実はテレマーカー比率も高いんです。
そんな黒姫高原のゲレンデは空に虹が掛かっていました。
虹の掛かるゲレンデ_f0236449_22533567.jpg
そう、虹が掛かっていると言う事は雨でした(涙)。
今日は切り替えのポジションを意識して練習しました。
「もっとフラットにする耳管を長く!」
と言われましたが、練習練習また練習あるのみです。

翌日はお隣りのいいづなリゾートスキー場へ。
スキーこどもの日もあって大賑わい。
虹の掛かるゲレンデ_f0236449_22565510.jpg
前日のフラットポジションに加えて、外腰の重みを板に乗せるのをテーマに練習。
3時近くまで滑って、その後は牟礼温泉。スキーヤーでごった返していると思ったら以外とガラガラ。初めてだけどなかなか良かったです。
志賀高原や野沢温泉などビッグゲレンデはもちろん良いが、それよりもローカルなスキー場こそ潰れて欲しくないですね。



# by junzi | 2021-01-18 00:50 | スキー道具について

シェル出しは簡単

使っているテクニカのWCは選手用なので92mmとタイトだが大きな痛みが無くフィットしていたが、お正月を過ぎた頃から内くるぶしに痛みが出てきた。
最初はちょっとした違和感だったが、やがて少し痛みを感じて来て、今日の午後はかなり痛みがでてしまった。
「シェル出ししないとムリ!」
とばかりにスキー場の帰りにコメリに寄って買ったのがこれ。
シェル出しは簡単_f0236449_00021637.jpg
これをつなげるとこうなります。
シェル出しは簡単_f0236449_00025122.jpg
長さは無段階に調整できます。
これを当たりが出たシェルの部分に、先ほどのネジをシェル幅に調整して挟み込みます。
そしてローカフのバックルをキツく締めます。ネジはズレ易いのでシェル出ししたい所からズレないように注意します。
そしてシェル出ししたい側面を電気ストーブに近づけます。
シェル出しは簡単_f0236449_06463506.jpg
この時に熱したくないシェルの部分を木板などで隠し、シェル出し箇所だけ電気ストーブで熱します。ものの数分でシェ出し完了。ブーツシエルが溶けないように注意です。
後はネジを入れたまま自然に冷やします。
これで完了。
材料のネジはオスメスで200円。
この方法でもう何年もショップでシェル出しをしてないです。

# by junzi | 2021-01-16 23:30 | スキー、スノボのチューン

国体予選観戦とポール練習をちょっと

先週末は捻挫後の初滑り。
スキーブーツはギプスみたいなもんだから捻挫した足首は全く痛くない。だけど打撲だと思っているスネの骨がブーツタングに触れるとやたら痛い。ひょっとしたら骨折?
そんなことでパインビークスキー場ではあまり無理せず緩中斜面中心の基本操作練習。その合間にクラブの仲間がエントリーしている東京都の国体予選を観戦。プロスキーヤーやデモ、元ナショナルチーム選手などがエントリーしていて華やかな大会なのだが、今シーズンはかなり小ぢんまりとして開催で有名スキーヤーもおらず、ちょっと寂しい感じ。
天気もよく、ゲレンデコンディションは上場。3連休中日なのにまるで平日のような雰囲気。
国体予選観戦とポール練習をちょっと_f0236449_12420578.jpg

練習後、ストックを見たらリングが割れてた。山を降りて上田IC近くのプロショップですぐに修理対応。助かりました。
国体予選観戦とポール練習をちょっと_f0236449_12452397.jpg

GOTOは中止になったけど実家に帰らず、上田市内のホテル宿泊。3500円で隣接するスーパー銭湯に入れてゆっくり。

翌日は小海リエックス。
今シーズンはジュニアのポール練習に入れるので邪魔をしない程度に参加。中斜面主体の20旗門ほどのGSを5本ほど滑走。目標としている滑りに近づいている手応えはあった。スネは痛いけど滑りは良かったので、お昼休みに八千穂高原スキー場まで行って今月末のチャレンジカップにエントリー。
国体予選観戦とポール練習をちょっと_f0236449_12553412.jpg
午後は無理しないペースでフリーをして3時前に終了。
思わぬ長い年末年始休暇になったので、それなりに上達しないとね。


# by junzi | 2021-01-14 12:33

苗場スキー場でぷちクラスタ発生

苗場スキー場ホームページ
苗場スキー場でぷちクラスタ発生_f0236449_22195547.jpg
従業員の新型コロナ感染が出てました。
スクールから2名とホテルから3名。今後も増える可能性ありますね。
こういったリゾート型スキー場の従業員はフリーターや学生が住み込みでバイトしてる人が多い。そして夜な夜な飲み会がお決まり。そこに保菌者がいれば次々に陽性反応者が出てくる。もし飲み会が無くても部屋も一部屋に数人いる。クラスタ発生は免れない。昨年までならインフルエンザ陽性者でも発症してなければ普通に暮らせたが、今の新型コロナでは陽性者で発症者扱い。

スキー場はゲレンデのマスク着用や密集を避ける、レストハウスでのマスク着用をお願いしているが、それより優先なのは従業員の感染を防ぐこと。寮は1人一部屋、地元の人を雇用する。それで人出不足となるならゲレンデやレストハウスの時間短縮、一部閉鎖などのサービス低下は仕方ない。利用客も納得してくれるようアナウンスするべきだ。

今は感染者を無くし、スキー場が営業継続出来るようにするのが最優先!

# by junzi | 2021-01-07 22:19 | スキーその他

本日は東京都で感染者2447人でも

年末年始開けに感染者が増える事は想定してたけど、一気に2447人は予想を超えました。
ところで感染者の数はPCR検査の陽性者ですよね?発症者ではないみたいで新型コロナ菌が少しでも(数個レベル)あると陽性ですって。ふーん。
感染者との接触者を次々と検査すれば数は増えるのは当たり前で、知りたいのは発症者数です。これがなぜか公表されてない。
重症者の数しか手掛かりは無いけどこちらは微増。それとお亡くなりになられた方も、カウント方法が医者たちからも抗議されてるようなので信頼できません。陽性者が他の要因で亡くなってるのに新型コロナで死亡とされているらしいから。

この3連休は各スキー県連の大会やイベントがピーク。ドタキャンした所もあるけど、それまでの準備、経費を考えると開催と言う事になりますが、県をまたぐ移動制限はまだ無いものの、一般スキーヤーは外出しにくい環境になったのは間違いないです。
スキーキャリアにスキーを付けて移動するとまた自粛警察が出てきてイタズラの標的にされかねないのでキャリアは外して中積みする事にします。
従来の感染症通り発症した人がPCR検査を受けて、接触者でも無発症の人は検査を免除するべきだと思ってますが、今出来るのは一般的な感染症対策をした上で普段通りの生活(会食除く)をする事ですね。




# by junzi | 2021-01-07 16:45

県を跨ぐ移動の制限は無い模様

緊急事態宣言の内容をマスコミや県のHPで確認しているが、東京都の小池が言った県を跨ぐ移動の自粛は盛り込まれていないようだ。もし県を跨ぐ移動の制限があったら小さなスキー場は閉鎖され、野沢温泉や志賀高原なども営業規模短縮は避けられない。
宿は廃業を余儀なくされるだろうし、小さなスキー場は今シーズン限りで潰れてしまうだろう。

今後どうなるか分からないが、人の移動がコロナな拡散になってるのなら首都圏の感染者は欧米諸国波になっているし、ロックダウンをしても効果が上がらない欧米をみても意味がない事は明らか。
今まで散々批判されてきたブラジルやスウェーデンの集団免疫作戦がここに来て効いてきたのか減少傾向に転じ、米国も落ちてきた。
ロイター通信
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

新型コロナの感染は防げない。集団免疫しかない。それで人類は過去の様々なウイルスに対抗してきてそして共存している。ワクチン接種か自然感染のどちらかで感染する。それならリスクが低い自然感染の方を選ぶ。

# by junzi | 2021-01-06 22:14 | スキーその他

競技モデルのマテリアルチェンジか?

え〜わたしは平凡な一般スキーヤーなのでメーカーのしがらみもなく好きなスキーを履けるのですが、一番多く履いてきたのはサロモンです。アメア傘下になってからはほぼ同じ生産技術であるアトミックも履くようになって先日のブログで書いた通り、中回り用のスキーにアトミックXTを購入したばかりです。
でもここ数日考えているのが、Xビンディングのトラブルが多いと言う事。
練習や大会中に誤開放で外れたこともあるし、また先日の転倒で壊れてしまったが、数年前にも壊れた事があってその間にも友人のXビンディングも壊れている。壊れるだけならまだしもスキーで30年ぶり近く2回目の怪我もしてしまった。
Xビンディングを使うとスキーの安定性が増すので扱いやすいサロモンスキーとの相性はすごく良いのだが、こうトラブルが多いとこのまま使って行って良いのかと思ってしまう。
Xビンディングはグループ化される以前はエスバーと言うブランドだった。
競技モデルのマテリアルチェンジか?_f0236449_15522985.jpg
当時からセンターを移動出来る画期的な仕組みだったが、解放システムの設計がISOで定められてるトゥピースは左右方向、ヒールピースは上方向のみで、他のメーカーが更なる安全性を求めてマルチ方向に解放する仕組みを取り入れ始めたので、それに比べてしまうとあまり積極的に使いたくなかった。今でも基本的な性能はエスバー時代と同じなので、設計にすごく古さを感じてしまう。
数年前にマルセル・ヒルシャーのアトミックにXビンディングではなくマーカーが使われている事が波紋を読んだが、湯浅直樹選手のフェイスブックに堂々とマーカー付きアトミックが並んで写っているのを見てびっくりした。
競技モデルのマテリアルチェンジか?_f0236449_16001223.jpg
トゥピースがマーカーでヒールピースのみXビンディングに見える。正確な理由は分からないが、Xビンディングに何かしらの不満があるからやってるのだろう。一般スキーヤーでも組み合わせの変更は可能だが、お金がかかるしとても手間暇が掛かる。
今のスキーはほとんどのメーカーが不満がない性能となっているので、アメアに拘らないメーカーを選んだ方が手っ取り早い。
アメアの次に乗りなれているのはオガサカとHEAD。競技モデルはこの2つのメーカーから選んで行こう。ゲレンデスキーは従来通りアメアのスキーを履くが、開放値を少しだけ下げて履きたいと思う。


# by junzi | 2021-01-06 15:37 | うんちくマテリアル

リキッドワックス大量購入は失敗

シーズンが始まる前にハヤシワックスのリキッドタイプを大量に買いました。ええ、今シーズンはゴミがでないリキッドタイプを使おうと思ったからです。
リキッドワックス大量購入は失敗_f0236449_07354251.jpg
ところが実際シーズンインすると昨シーズンまでと同様ホットワックスを使ってます。大量にワックスカスが出て掃除は大変なのですが。
リキッドワックス大量購入は失敗_f0236449_02284017.jpg

理由は簡単で
①ホットワックスの方が簡単だから。
②滑走面を傷めないから。
③滑走面を作れるから。
の3つです。
詳しく述べて行きます。
①ですが、リキッドワックスと言えど下地はホットワックスを推奨してます。下地が出来てる上でリキッドワックスで仕上げのです。
それはなぜか?
②の理由に繋がって行きます。リキッドワックスは1000円の安いものからハヤシワックスのように3000円以上するものがありますが、基本的成分は同じで溶剤にパラフィンワックスを溶かした物です。スプレータイプはその仕様上ほとんどが溶剤でワックス成分は少しだけ。溶剤は間違いなく滑走面を痛めます。滑走性が良い黒色のエレクトラベースは柔らかいので尚更です。ハヤシワックスはスプレータイプよりワックス成分が全然多いのですが、それでも溶剤が滑走面を痛める事を知ってるので、それから守るためにリキッドワックスを塗る前にホットワックスで下地を作って下さいと謳ってるわけです。
よく滑ったあとにスプレーワックスを滑走面に塗る人がいますが保護するためか、それとも次のスキーに備えてなのかわかりませんが、そんなことプロのサービスマンやレーサーは絶対にやりません。湿ったタオルで拭き上げてスキーバンドで止めるだけで良いです。
それでもハヤシワックスのリキッドはワックス成分が多いので、リキッドワックスを滑走面全体に塗った後、溶剤をよく乾燥させて擦れば特に問題はありませんが、その擦る作業がすごく大変です。滑走面が黒光りするまで、腕が筋肉痛になるくらい擦らなければ性能が発揮できないです。ここで手を抜くと滑らないスキーになってしまい、ワックスの持続力もありません。
スキー1本ならなんとかなりますが、数本となるとギブアップ。力要らずのホットワックスの方がずっと楽。
その後はリキッドワックスの方はスクレーピングする手間が無いのですが、ブラッシングはホットワックス同様必要です。
③はこのブログでも度々言ってますが、ホットワックスは滑走面を作るためのものです。氷点下10℃の時は硬いワックスを塗って滑走面を硬く仕上げる。気温が0℃以上なら柔らかいワックスを塗って滑走面を柔らかくする。
因みに氷点下10℃の時に柔らかいワックスやスプレーワックスを使った板で滑ろうとすると見事に進まないです。雪の結晶は意外と鋭く硬いのでそれが滑走面に突き刺さる様な役目をして滑走性を損なうのです。

またリキッドワックスはもちろん滑走面の汚れ落としは出来ないので雪が汚れてくる季節になると更に出番は無くなります。
環境的にホットワックスが使える人はリキッドワックスは応急用として2本あれば済みます。大量購入して失敗でした(´-﹏-`;)
ハヤシワックスは定価販売されてるので、ネットで少し値段を下げて処分するしかないかな。

# by junzi | 2021-01-06 02:25 | うんちくマテリアル

今シーズンの草レースをピックアップ

前回は久しぶりに新型コロナについて書きましたが、今回の緊急事態宣言は飲食店狙いなのは明白で、前回のように学校、小売店、映画館、スポーツ施設、そして移動の制限は無いと考えてます。飲食店を強制的に閉ざすだけで、問題となったパチンコ屋も対象外のはずです。ですから新型コロナ対策をした上でどんどん東京から長野にスキー行くべきです。その方が感染拡大しない。

と言うことで、今シーズンの草レースをチェック!
まあ草レースも中止の可能性がかなりありますが、一応発表されてるもので、エントリーしたいやつをピックアップしました。
あと1/半ばまでスキーは中休みですが。

1/9山梨県オープンGS(DS決定)
1/31 八千穂高原チャレンジカップ
2/7 いいづなリゾート杯(中止の可能性あり)
2/20 戸狩温泉読売杯
2/27 木島平県知事杯スーパーGS
2/28 神田正輝カップ
3/7 長野市長杯GS (長和町スキー大会)
3/15 シュナイダーカップ (丸沼高原大回転)
4/11 一の瀬大回転
4/17.18 icetee cup
4/25 渋峠横手山大回転

# by junzi | 2021-01-05 21:36 | 競技スキー

新型コロナはスキー場で感染する?

緊急事態宣言がまた出されますね。びっくりです。前回は意味があったのだろうか?何か全然学んで無い気がするなー。世論に押されての宣言って感じで、経済優先の声より大きかったのが宣言の理由と捉えてしまいます。選挙での票を失いたくないからね。
それはさておき、スキー場やその宿泊施設でクラスタは今のところ確認されてません。
当たり前ですね。
今のところ多くは病院や介護施設、会食(宴会)です。あとはスポーツ施設のロッカールームです。
屋外スポーツでの感染はゼロ。多くの人がゼーゼーハーハーしてるのにですよ。
新型コロナはスキー場で感染する?_f0236449_23132240.jpg
近くで、マスクせず、15分以上の会話
が感染のキーワードと専門家会が発表してます。
逆に会話が短ければマスクしなくても感染リスクは低いとも言ってます。マスコミはそれをほとんど報道せず、感染者のみを取り上げてますからね。重症者が増えて医療崩壊と叫んでますが、重症でない人もベッドに寝かせられてればそりゃ崩壊します。ただの風邪ですら本当に苦しい。インフルエンザならもっと苦しい。でも入院なんて本当に高齢者や大きな基礎疾患がある人だけだったのに、なんで新型コロナだけ特別扱いされるのか?ワクチンがないから?いやいや従来のコロナもワクチンなんてなかったし、インフルエンザだって効果は限定的でしょうに。
日本が新型コロナ感染者が欧米に比べてかなり低いのは、移民がいない(その多くは貧しく1室で何人もが共同生活)、冬で寒いと言っても欧米に比べれば暖かく湿度も高い、ハグやキスがない、きれい好き、だからだと思ってます。黄色人種は遺伝的に掛かりにくいのはウソらしく、アメリカでの黄色人種は他の人種と同じ割合で感染してるらしいですからね。

とは言ってもスキー場がマスクと言えばするし、そのスキー場の言うことは基本的に尊守します。まあ強いて上げればゴンドラには乗らないのと、レストハウスの利用は極力避ける事ですかね。
正しい知識でスキーを楽しむのがスキーヤーの役目です。そうしないとスキー場が亡くなりますから。


# by junzi | 2021-01-05 20:59 | スキーその他
カテゴリ
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マラソンの思い出
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧